すぎなみ地域コム

文字サイズ

トップページ>お知らせ>事業報告(2019年度版)

コメント投稿・閲覧は、それぞれの記事タイトルをクリックしてください

杉並区の防災情報

特別情報
池袋防災館「夜の防災館=ナイトツアー」
毎週金曜日実施
     。隠掘В娃亜腺隠検В苅
     ■隠后В娃亜腺横亜В苅
予約受付:03−3590−6565 

夜間の発災を想定した各種災害の体験ツアー
1、防災シアター(オリエンテーション)
2、地震体験(夜間の地震発生!?)
3、消火体験(夜間に火災発生!?)
4、煙体験(夜間に火災発生!?)

*「夜間訓練」は地元ではなかなかできないものです。
 是非、多くの方に体験していただきたいと思います。


1)すぎなみ地域大学「地域防災コーディネーター養成講座」
  いよいよ終盤になります。

 2月23日(土)「防災まち歩き」実習
  当学習地区「高円寺」は「阿佐谷」地区と並び杉並区の防災上の
 「課題地区」です。所謂「木造住宅密集地域」(もく密地域)と称
 され、旧建築基準(昭和56年以前)で建てられた建物で「耐震性・
 耐火性」が極めて弱く、大地震時には「倒壊・火災延焼」の恐れが
 あります。加えて「狭あい道路」「クランク道路」「袋小路」など
 が多く、避難を困難にします。
  また、こうした地域は「消防活動困難地域」と言われ、消防隊が
 最も恐れる地域でもあります。

今回の講座は、こうした地域の「問題点・課題点」を観察し、「地域防災」の在り方を学習します。


 2月27日(水)「デジタル防災情報活用講座」演習

 近年、スマホで検索できる多様な「防災情報アプリ」がうまれています。杉並区は「すぎナビ」というアプリを公開し、杉並の地図をベースの様々な情報が検索できるようになっています。
 パソコンで自分の地域の「防災マップ」を制作できます。またスマホでは、「実際の災害時の最も安全な避難路」が検索できます。現在いる場所から最寄りの避難所まで、危険地帯を避けて避難を誘導されます。
 また、自分が被災地の状況を映像で送ることができ、避難ルートがクイックリーに更新されます。みなさんは避難者であると同時の「災害現場レポーター」でもあります。
 「地震シミュレーション」は、最新のビックデータを活用し、杉並区各地域が大規模地震が発生した場合、「火災」「家屋倒壊」「インフラの被害」などが色別の「濃淡」で被害を「予測」しています。地域の「減災活動」の役立てて頂きたいと思います。
 東京都が各個配布した「東京防災」もスマホアプリとなり、ご自身とご家族で「家族防災会議」に役立つ様々なクイズが検索できます。多いの活用していただきたいと思います。

 3)3月2日(土)「振り返り、修了式」
 全8回の「地域防災コーディネータ養成講座」を終了しますが、受講者のみなさんの待ち受けている活動は沢山あります。
 まず、区防災課が運営管理される「地域防災コーディネーター運営連絡会」に入っていただき、ご自分の地域の学校震災救援所や防災会でご活躍頂くネットワークをご紹介致します。第一には「地元で得られた知見を大いに発揮して頂きたいと思います。
 また、杉並区全域で活動したいという方は、地域防災コーディネーター育成機構に入会していただき、各地域からの要請に応じ「出前講座」や「防災訓練企画アドバス」などに出向きます。
修了者のみなさんのご活躍を心より期待しています。
「地域防災コーディネーターの輪を広げていきましょう!!」  


地域の防災情報

2月17日(日)災害ボランティアセンター立ち上げ・運営訓練
      主催:杉並区社会福祉協議会ボ杉並ボランティアセン
         ター
      目的
      1)災害時において、多様な立場の機関・団体及び
      市民」が連携しながら災害ボランティアセンターを運
      営することを想定し、立ち上げ及び運営訓練を行い、
      その課題点を抽出する。
      2)訓練を通して、災害ボランティアセンターの運営
      マニュアルの整備を図る。また、次年度の災害ボラン
      ティアセンター事業の企画立案に活かす。

      代表理事 瀧澤は当日「観察者」の立場で訓練を見さ
      せていただきます。

2月24日(日)防災クエスト和田
       主催:NPO法人ゆるゆるma〜ma 
       会場:和田公園〜地域各チェックポイント
       時間:10:00〜12:00
       冊子「東京防災」をテキストに「生き抜く」知恵を       親子で学びます。
       「防災賢者」から指示されたガイドマップに従って
       全問クリアした親子に「防災マスター」の称号が
       与えられます。
       *年明けに公に参加者公募が開始されます。
       機構は「親子ゲーム”お部屋のレイアウト間違い探
       し」のデモンストレーションの参加体験のコーナー
       を出展します。


2月27日(水)東京都の域防災・減災を考えるシンポジウム
       主催:東京ボランティア・市民活動センター
       共催:東京都
       テーマ:災害について平時からの連携を考える
          〜みんなで取り組むアクションプラン
       会場:東京都庁第一本庁舎5階大会議室
       参加費:無料

3月10日(日)「まちはく2019」
       主催:まちはく2019実行委員会
       会場:阿佐谷地域区民センター
       入場無料
       「まちはく」は区民参加の「まちづくり」を目指
       し、活動団体が情報を発信、杉並をあらためて理解
       し、発見するイベントです。
       活動をシェアし、体験し、楽しみ、私たちの「未来
       まちづくり」につなげましょう。
       ・・・・という催しです。
機構の出し物は:
  峅閥馘湘殍瓢漾廛妊皀ットで楽しみながらお部屋のレイアウ   トを見直していただく学習体験コーナ
 ◆SUG=スグ」(震災救援所立ち上げ初動対応カードゲーム)    を体験していただきます。
   大きな災害が発生すると様々な事情を抱えた方たちが救援所   「避難所」に駆けつけます。
   あなたが運営に係る立場に立ったら、どう対応しますか?
   といシミュレーションカードゲームです。
 「地域ぐるみで考えるもく密地域の災害対策
   JASO(耐震総合安全機構)の協力の基、阿佐谷・高円寺地域
   の方たちに「ヒントとなる”夢のもく密対策」アイディアが   パネルでご披露されます。
   是非、お越しください。

3月11日(月)「杉並区公式行事3・11を忘れない」
     会場:セシオン杉並 大ホール&展示室、中庭
     入場無料
   機構は、展示室の行政展示コーナーに連携して
       峅閥馘湘殍漂辧廛妊皀ット体験コーナー
      ◆屬部屋のレイアウト」見直し体験コーナー
      など参加者が楽しく学べるコーナーを運営しています
   是非、ご来場ください。


3月16日(土)女性の視点で防災を考えよう
     主催:高円寺地域区民センター協議会
     共催:杉並区
     第一部:わたしの「いつも」がいのちを救う
         「東京くらし防災」編集・検討委員会委員長
         池上 三喜子さん
     第二部:避難所における女性を取り巻く問題を解決
         するのは・・・・
         杉並区危機管理室防災課地域防災係長
         林 祐照さん