すぎなみ地域コムへ

文字サイズ

トップページ>お知らせ>2019年度

コメント投稿・閲覧は、それぞれの記事タイトルをクリックしてください

2月の船舶海難発生状況

2019/3/10 第三管区海上保安本部 15:00 発表による

2月に第三管区海上保安本部管内で発生した船舶海難の発生状況(速報値)は以下のとおりでした。
●船舶海難発生状況概要
・船舶海難発生隻数は11隻(昨年比2隻増)でした。
・小型船舶(20トン未満のプレジャーボート漁船、遊漁船)による海 難が5隻(昨年比2隻減)でした。
・発生隻数のうち、45%が小型船舶(20トン未満のプレジャーボー ト、漁船遊漁船)でした。
●船舶海難内訳
・海難種類別発生隻数運航不能6隻(機関故障3隻、舵障害・無人漂 流、荒天難航各1隻)衝突4隻、転覆1隻
・種類別発生隻数 タンカー3隻、プレジャーボート3隻、(20トン 未満3隻)貨物船2隻、漁船2隻(20トン未満3隻)、貨物船2隻(漁船2 隻)祖業船1隻

運航者の皆様におかれましては、(1)目視やレーダ等をかつようした常時見張りの徹底 (2)海図やGPS等による船位の確認
(3)発航前点検(燃料、バッテリー、エンジンオイル、冷却水、船外機取付状況の確認等)(4)万が一の故障時に備え、救助支援者の確保(5)最新の気象海象情報の入手

最新気象情報(海の安全情報はこちら)
を実施、引き続き安全運航に努めていただきますようおねがいいたします。このほか、海上保安庁ではウオータービーアクティビティ(水辺でのレジャー活動)を安全に楽しむための事故防止に役立つ情報を、総合安全情報サイト「ウオーターセーフティガイド」を掲載しておりますので、是非ご活用ください。


東京港北部海域海上安全パトロール

3月3日(日) 雨 気温7℃(午前9;50
羽田空港基地0現在)
東京港海上安全パトロール
西航路を中心にパトロールを実施しました。雨模様のため、各海域は、プレジャーボートの出艇は少ない。
写真は3月3日(日)早朝初入港したクルーズ客船「SILVER WHISPER」
船籍港  パハマ 
全長   186m
全巾   24,9m
乗客定員 388名
総トン数 28.258トン
関連記事 東京海難救助隊(はばたき)ブログリンク


JAPAN INTER NATIONAL BOATSHOW が開催されます(2019)

横浜でジャパンインターナショナルボートショーが開催されます。
開催日 2019年3/7(木)〜3/10(日)までの4日間10:00〜17:00
200者以上の出展者、団体が一斉に集うこのイベントはボートやヨット・PWCのニューモデル
マリーナなど施設や免許、さらに航海計器等のマリン用品にマリンウェアーなど、マリンレジャーにかかわる2019年最新情報が発信されます。パシフィコ横浜と横浜ベイサイドマリーナで皆様のご来場お待ちしています。
3/7(木)11:30開場
3/9(土))19:00閉場(パシフィコ横浜のみ)

ジャパンインターナショナルボートショー2019


全国瞬時警報システムの試験放送のお知らせ

杉並区では、(2月20日)午前11時頃、防災無線塔から(試験放送が流れますので、予めお知らせいたします。この放送は、国が全国一斉に実施する「全国瞬時警報警報システム」からの緊急情報ム「地震・武力攻撃など」の情報伝達試験放送です。緊急時には、区の防災無線から自動的に放送されるものです。
放送内容
チャイム音➡「これは、Jアラートのテストです。を3回繰り返し」(こちらは、ぼうさいすき゜なみです)➡チャイム音
問い合わせ先 杉並区防災機器管理室 危機管理防災課
この情報は携帯電話・(登録ずみ)等に入電したものをそのまま公開します。


1月の船舶海難発生状況

2019/02/10 15:00第三管区海上保安本部発表による
1月に第三管区海上保安本部管内で発生した船舶海難の発生状況(速報値)は以下のとおりでした。
●船舶海難発生状況概要
・船舶海難の発生隻数は20隻(昨年比9隻増)でした。
・小型船舶(プレジャーボート、漁船、遊漁船による海難が13隻(昨年比7隻増)でした。・発生隻数のうち、65%が小型船朴(プレジャーボート、漁船、遊漁船)でした。●船舶海難内訳・海難種類別発生隻数運航不能10隻、(機関故障3隻、推進器障害・無人漂流各2隻操船技能不足・有人漂流・その他各1隻)衝突4隻、乗揚2隻単独衝突1隻・種類別発生隻数プレジャーボート9隻(20トン未満)漁船4隻、、貨物船4隻、タンカー2隻その他1隻
運航者におかれましたは、(1)目視やレーダー等を活用した常時見張りの徹底(2)海図やGPS等による船位の確認(3)発航前点検(燃料、バッテリー、エンジンオイル、冷却水船外機の取付状況の確認等(4)万が一の故障時に備え、救助支援者の確保(5)最新の気象海象情報の入手(海の安全情報)
リーフレット等提供東京海上保安部航行安全課
公益社団法人関東小型船安全協会・東京支部海上安全指導員
関連記事東京海難救助隊(はばたき)ブログリンク


東京羽田空港東海域で撮影会が開催されました。(2019/1/20)

1月20日(日) 晴のち曇り後晴間 午前6:00現在(6℃羽田基地)
日本航空写真家協会主催の撮影会が東京羽田空港D・A等滑走路海域で行われ、東京海難救助隊が支援協力を実施しました。海域は真冬の寒さでしたが、12月の季節に比べ海域は凪の状態が続き天候も11:00頃には回復し、晴れ間が出るようになりました。
関連記事 東京海難救助隊「はばたき」ブログリンク 


12月の船舶事故発生状況(2018/12)

2019/1/11 15:00 第三管区海上保安本部発表
12月に第三管区管内で発生した船舶海難の発生状況(速報値)は以下のとおりでした。
●船舶海難発生状況概要
・船舶海難の発生隻数は22隻(昨年比増減なし)でした。
・小型船舶(プレジャーボート、漁船、遊漁船)による海難が14隻(昨年比4隻増)でした。
・発生隻数のうち、64%が小型船舶t(プレジャーボート、漁船、遊漁船)でした。
●船舶海難打内訳
・海難種類別発生隻数 衝突8隻、転覆、火災各4隻乗揚・推進器障 害各2隻、運航阻害・その他各1隻
 船種別発生隻数 プレジャーボート10隻、貨物船6隻、漁船3隻、 タンカー・遊漁船・旅客船各1隻
 運航者の皆様におかれましては、         
 (1)目視やレーダー等の活用した常時見張りの徹底
 (2)海図やGPS等による船位の確認
 (3)発航前点検、(燃料、バッテリー、エンジンオイル、冷却水、船外機の取付状況の確認等)
 (4)万が一の故障時に備え救助支援者の確保 
 (5)最新の気象情報の入手
 最新の気象情報(海の安全情報)リーフレットで確認ください。
 この情報は海上保安庁・第三管区海上保安本部よりMICS(ミクス)により登録者に提供しているものです。
 是非活用ください。
 

 リーフレット等情報提供 東京海上保安部・航行安全課
 公益社団法人関東小型船安全協会・東京支部海上安全指導員

関連記事 東京海難救助隊(はばたき)ブログリンク 


東京湾北部海域海上安全パトロールを実施しました

1月6日(日)曇り 気温8℃ 風向北3〜5m(羽田空港基地9:40現在)
連休も終わりプレジャーボートの出艇は少なかった。
パトロールコース
羽田空港基地➡京浜島➡青海➡有明ふ頭➡東京ゲートブリッジ➡台場海域➡晴海ふ頭東海域➡レインボーブリッジ➡品川ふ頭➡大井ふ頭➡西航路➡京浜島➡羽田舟艇基地帰港

写真は水陸両用バス・カバ3とスカイダックの二隻の同時撮影(台場海域近くで)

公益社団法人関東小型船安全協会・東京支部海上安全指導員パトロール艇(はばたき)に乗船
関連記事 東京海難救助隊(はばたき)ブログリンク