すぎなみ地域コムへ

文字サイズ

トップページ>お知らせ>2012,年度

杉並区民東京湾体験航海と環境学習参加者募集

事業実施地域 東京港周辺海域及び当団体船艇基地(大田区羽田空港1-13)
実施日時 平成25年1月20日(日)10:30〜13:30
参加費  800円(保険料+資料代)乗船料無料(杉並区NPO支援基金助成)
募集人数 10名(小学生は0.5人計算)保護者同伴 定員になり次第締切
募集対象者 杉並区民 区内在勤者 募集終了しました。
アクセス 京浜急行品川〜羽田空港線天空橋下車徒歩10分(急行止まりません
東京モノレール整備場駅下車徒歩5分(急行止まりません)
申込方法 はがきで
168-0073杉並区下高井戸1-21-12NPO法人東京海難救助隊・事務局宛

天候・海象・風の状況により中止又は延期する場合がありますのでご承知下さい。
この事業は杉並区NPO活動資金助成ににより実施されます。これからも杉並区内で活動しているNPOにご理解とご協力下さいますようお願い申し上げます。
★東京湾は都民にとって身近な水辺ではあるが、多くが港湾であるため、陸上からアクセスは制限されている、東京湾を小型船で航行して港湾施設を海からみてその役割を説明して理解していただく。
★一般には東京湾は汚れていると思われている。外観の汚れは海域
の生産性の基となっている多様なプランクトン等食物連鎖などの生き物あることを採取、観察するなどして理解し、海の食物連鎖等の学習を行う。
昼食は東京港内 波の静かな海域でいたしますので各自ご用意下さい

東京海難救助隊(救助船はばたき)にリンク


杉並区NPO支援基金助成団体パネル展(セシオン杉並)

NPO フェスタ2012同時開催 NPO支援基金助成団体パネル展が開催されました。(協働推進課)


東京海難救助隊隊員がすぎなみNPOフェスタ2012に参加しました。

公益社団法人関東小型船安全協会・東京支部会員でもある安全指導員4名が昨日(12/22土)行われた すぎなみNPOフェスタ2012(開催場所・セシオン杉並)東京海難救助隊出展ブースで海の環境などPRの為参加いたしました。
写真は海運(開運)グッズ「願が叶うストラップ」製作指導を担当する日野隊員


すぎなみNPOフェスタ2012が開催されました。

東京杉並「セシオン杉並」で、すぎなみNPOフェスタ2012が開催されました。12月22日(土)朝から予報された天気も、開催時間間際に雨も降り出し来場者の出足を鈍らせました。午前10時ホールで、くす玉によるオープニングセレモニーが行われました。主催者挨拶 の後杉並区区民生活部 森部長挨拶 くす玉割を杉並区NPO基金普及活動委員会橋詰委員長 他関係者で割りオープニングセレモニーは滞りなく終了しました。

←写真はホール舞台中央くす玉割関連写真等は別サイト「はばたき」ブログでご覧頂けます。関連記事 公益社団法人関東小型船安全協会ブログでも1/10公表されましたのでご覧頂けます。写真クリックで別サイト

東京海難救助隊・事務局
 


下高井戸地域住民による街路清掃作業が行われました。

写真は20号沿い歩道橋の清掃作業

12月9日天候 晴れ 気温6度(午前6時45分現在)
地域沿道住民(仲町会)参加による街路樹周辺を、今秋から続いている国道20号沿いの清掃作業が今年最後の清掃日となりました。
清掃参加者は、午前7:00仲町会(町会長 内藤菊男氏)事務所前集合、各ブロック別に清掃作業班に分かれ国道20号沿いに約1時間かけて清掃し、適度の運動と汗ばむ服装の中きれいに清掃された街路にほどよい満足感が得られました。
写真クリックで別サイトはばたきブログでも関連記事ご覧になれます。


震災救援所訓練が行われました。

 11月11日(日)天候くもり 気温16度 平成24年度・杉並区高井戸地域震災救援所の開設・運営・各種資機材の操作訓練等が地元高井戸地域区民180名以上(主催者発表)が参加して行われました。
午前10時00分〜高井戸第三小学校校舎屋上・校庭・体育館内を利用して行われ、杉並消防署・消防署員・地元消防団員の指導による救護者をロープによる3階屋上より地上への搬送移動模擬訓練が行われました。一方体育館内ではAEDによる取り扱い訓練、消防署員・消防団員による、三角巾救護訓練、上腕部骨折・止血・捻挫・頭部裂傷・等の取扱説明など、私達一般区民でも知っておきたい大事なものばかりでした。又、消火器など日頃手にすることがない取扱説明と実技訓練で初期消火の重要性が認識されました。仮設テント内に煙りが充満の中から脱出するのは実際の火災では非常に困難な状態であろうと想像出来る。訓練に参加した筆者は思った次第である。又、主催者スタッフなどの皆さんの炊き出し等も行われ、帰宅後食しました。
参加高井戸地域仲町会区民をはじめ・他町会区民の皆さんお疲れ様でした。
関連記事・写真等は当団体「はばたき」ブログでもご覧いただけます。(写真クリックで別サイトパトロール船はばたきへ)

                        事務局


すぎなみNPO フェスタ2012が12月22日(土)開催されます

杉並区民の皆様、今年もNPO フェスタ2012がセシオン杉並で開催されます。「すぎなみNPOフェスタ」はNPO活動の紹介と杉並区NPO支援基金の普及啓発を目的として開催します。当日の売上の一部は、地域の市民活動を支えるすぎなみNPO支援基金へ寄付されます。大人も子供も楽しめる企画が満載です。皆様のご来場をお待ちしています。チラシ画像クリックで拡大できます。

東京海難救助隊ではセシオン杉並「本館1階展示室」ブースに出展いたします。海上保安庁・東京港をはじめ、全国各地のみなと祭りで大人気の開運(海運)グッズ「願いを叶えるストラップ」作り指導。
海の男のロープワークを携帯ストラップ制作に応用した各種ストラップ作り指導。小学生でも簡単にてき、親子で楽しめます。

開催場所 セシオン杉並
参加費 100円〜
開催日 平成24年12月22日(土)
時間  10時00分〜15時00分


第67回(2012年)国際通貨基金・世界銀行年次総会開催に伴う水際テロ対策強化について

本年10月9日〜14日までの間、東京都内において第67回(2012年)国際通貨基金・世界銀行年次総会が開催中ですが、東京港における水際テロ対策の強化を目的といたしまして、関係機関と連携のうえ、所要の海上警備を実施することにしております。関係者の皆様にはご協力下さいますようお願いいたします。
詳しくは、東京海上保安部下記ホームページで確認下さい。
http://www.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/tokyo/


第3回杉並区民東京湾体験航海と環境学習(2012)参加者募集

事業実施地域 東京港周辺海域及び当団体船艇基地(大田区羽田空港1-13)
実施日時 平成24年10月7日(日)10:30〜13:30頃
参加費  800円(資料代+保険料)申込後は返却出来ません
募集人員 10名(小学生は0.5人計算)保護者同伴、定員に成り次第締切    募集を終了しました。
募集対象者 杉並区民又は在勤、在学の方
アクセス 京浜急行品川より羽田空港線天空橋駅下車約徒歩10分
(急行止まりません)東京モノレール整備場駅下車徒歩約5分(急行止まりませんご注意下さい)
申込方法 メール又は、はがき(168-0073)NPO法人東京海難救助隊 電話03-3329-2851
昼食 各自持参(波の静かな海域で適宜食事はできます)
この事業は杉並区活動資金助成により実施されます。これからも杉並区内で活動しているNPOにご協力ととご理解下さいますようお願い申し上げます。
★東京湾は都民にとって身近な水辺ではあるが、多くが港湾施設が有るため、陸上からのアクセスは制限されている。東京湾を小型船で航行し港湾施設を海からみて、その役割を説明して理解していただきたい。

★一般には東京湾の海域は汚れているように思われている。外観の汚れは海域の生産性の基となっている多様なプランクトン等の生き物であることを採取、観察するなどして理解し、海の食物連鎖等の学習を行う。
★体験航海中に海水採取→プランクトン濃縮→顕微鏡で観察→デジカメで写真撮影→プランクトン図鑑作成など参加者が行う。
★東京都の下水道整備について説明し課題を考える。
東京湾の環境について学習、環境保全に役立てる。

★天候・海象・等の事情により中止の場合もありますのでご承知おき下さい。







本日9/2(日)杉並区民東京湾体験航海は中止と決定しました

天気予報によると関東近海は天候不良が予測されますので本日の杉並区民東京湾体験航海と環境学習は中止いたします。改めて参加者の皆さんには連絡させていただきます。
NPO法人東京海難救助隊・事務局


東京湾で杉並区民の体験航海と環境学習が行われました。

平成24年度第1回の体験航海と環境学習は前日からの台風11号の影響も出るのではと心配されていたが、朝から青空となり当団体羽田空港船艇基地では心配されていた風も弱くほっとした朝を迎えた。午前8時45分現在の船内温度計は32度cを示していた。杉並区民の乗船参加者を1時間余り後に当基地に来場の予定であり、出港準備作業にスタッフは追われた。写真は参加された杉並区民小学生7人保護者の方5人が参加されました。東京海難救助隊「はばたき」ブログでも詳細写真等ご覧いただけます。第2回の体験航海は9月2日(日)に実施の予定です。(現在募集中)参加お待ちしております
この事業は平成24年度杉並区NPO支援基金助成により実施されました。


第二回杉並区民東京湾体験航海と環境学習(2012)参加者募集

事業実施地域  東京港周辺海域及び当団体船艇基地(大田区羽田空港1-13)
実施日時 平成24年9月2日(日)10:30〜13:30ごろ
参加費 800円(資料代+保険料)
募集人数 10名(小学生0.5人計算)保護者同伴 定員になり次第締め切り
募集対象者 杉並区民
アクセス 京浜急行品川〜羽田空港線天空橋駅下車10分(急行止まりません)東京モノレール整備場駅下車徒歩約5分急行止まりません
申込方法 メール又ははがきで168-0073杉並区下高井戸1-21-12NPO法人東京海難救助隊・事務局あて
電話03-3329-2851
第一回8/5とほぼ同じですが集合時間は10:30です。
この事業は杉並区NPO活動資金助成により実施されます。これからも杉並区内で活動しているNPOにご協力とご理解下さいますようお願い申し上げます。
★東京湾は都民にとって身近な水辺ではあるが、多くが港湾施設あるため、陸上からアクセスは制限されている。東京湾を小型船で航行港湾施設を海から見て、その役割を解説明して理解していただきたい。
★一般には東京湾の海域は汚れていると思われている。外観の汚れは海域の生産性の基となっている多様なプランクトン等の生き物であること採取、観察するなどして理解し、海の食物連鎖等の学習を行う。
★体験航海中に海水採取→プランクトン濃縮→顕微鏡で観察→デジカメで写真撮影→プランクトン図鑑作成を参加者が行う。
東京都の下水道整備について説明し課題を考える。
★東京湾の環境について学習、環境保全に役立てる。

昼食は東京港内、波の静かな海域でいたしますので各自ご用意ください


東京湾北部海域で海洋調査が行われました。

7月16日(海の日)早朝、海洋観測が行われた。毎年この時期に行われている定点観測ですが、今後の基礎資料にするため、数ヵ所の観測点で海水をサンプリング採水し現場海域の船内で濃縮装置などでプランクトンの生息状況を顕微鏡で拡大テストしてみた。家に持ち帰り濁度計でサンプル検体を調べることにした。
環境カウンセラー1名(隊員)採水隊員写真撮影記録隊員等8名で作業を継続調査終了した。この日の海水の透明度板による測定ですと透明度は約2辰任靴拭


東京港で海難救助訓練が行われました。

夏本番直前の東京港で「海の日」の今日16日海難救助訓練が行われました。東京江東区青海東京海上保安部船艇基地訓練会場で、午前10:00〜1日海上保安部長(女性指導員)任命式の後、出動式を行い東京港台場海域、晴海ふ頭等にパトロール艇10隻及び東京海上保安部巡視艇「やまぶき」にる官民合同パトロールを行い各海域のプレジャーボートへの安全運航を願うチラシを配り、安全航行を呼びかけました。
午後より青海客船ターミナル付近で簡易救助器具(リサイクルペットボトル)を使用した落水者の救助訓練やAED救命取扱訓練等が行われました。写真クリックで詳細訓練画像「別サイト」ご覧いただけます。


東京湾で開催予定のスバル座カップヨットレースは中止となりました

7月15日行われる予定でした第四回スバル座カップヨットレースは強風のため開催が中止となりました。
公益社団法人関東小型船安全協会・東京支部海上安全指導員有志・NPO法人東京海難救助隊事務局


杉並区民の東京湾体験航海と環境学習参加者募集(2012)

事業名    第一回東京湾の環境学習と体験航海
事業実施地域 東京港周辺海域及び当団体船艇基地台船広場  ( 大田区羽田空港1-13)
実施日時   平成24年8月5日(日)10:00〜13:30
募集人数   10名(小学生は0.5人計算保護者同伴)定員になり次第締め切り  募集定員になりましたので締め切らせていただきます。
参加費    800円(資料代+保険料)
募集対象者  杉並区民
アクセス   京浜急行品川〜羽田空港線天空橋駅下車徒歩10分(急行は止まりません)・東京モノレール整備場駅下車徒歩5分(急行は止まりせん
申し込み方法 メール又はハガキで杉並区下高井戸1-21-12NPO法人東京海難救助隊・事務局あて03-3329-2851
★9月2日(日)同じ内容で第二回体験航海募集します。尚この事業は杉並区NPO活動資金助成により実施されます。これからも杉並区内で活動しているNPOに、ご協力とご理解下さいますようお願い申し上げます。

★東京湾は都民にとって身近な水辺ではあるが、多くが港湾施設であるため、陸上からアクセスは制限されている。東京湾を小型船で航行して港湾施設を海から見てその役割を説明して理解してもらう。★一般には東京湾の海域は汚れていると思われている。外観の汚れは海域の生産性の基となっている多様なプランクトン等の食物連鎖等の生き物であることを採取、観察するなどして理解し、海の食物連鎖等の学習を行う。★体験航海中に海水採取→プランクトン濃縮→顕微鏡で観察→写真撮影→プランクトン図鑑作成等を参加者が行う。★東京都の下水道整備について説明し課題を考える。★東京湾の環境について学習し環境保全に役立てる。


東京湾北部海域で合同パトロール及び海難救助訓練が行われます

東京海上保安部との合同パトロール及び海難救助訓練が本年7月16日(月)海の日に「東京地区海の安全運動」の一環として、下記の通り関東小型船安全協会東京支部海上指導員との合同パトロール及び日本水難救済会東京救難所救助員との合同海難救助訓練が行われます
1.合同パトロール海難救助訓練の実施日時
(1)海難救助訓練 7月16日(月「海の日」10:00〜(予定)
2.合同パトロール  同日        13:00〜15:00(予定)
集合場所  東京海上保安部船艇基地(江東区青海2-56)
アクセス ゆりかもめ「船の科学館」下車青海客船ターミナル隣(東京湾岸警察署裏手)
東京海難救助隊からパトロール艇「はばたき」及び海上指導員・救助員・乗組員等が参加して行われます。
写真はAEDによる取扱い訓練写真クリックで「はばたき」ブログに詳細訓練画像ご覧いただけます。


東京湾でヨットレースが開催予定です。

マリンレジャーの季節になってきました。東京湾北部海域で第四回スバル座カップヨットレースが、東京ディズニーランド(浦安沖)スタート〜海ほたるを回航し、浦安沖にフィニッシュ(約20マイル)で競技が行われます。競技コース海域付近通航の本船・船長の皆様には大変ご不便をおかけいたしますが、ご協力いただけますよう宜しくお願い申し上げます。警戒警備に公益社団法人関東小型船安全協会所属・海上保安庁指定海上安全パトロール艇6隻以上が競技コース海域に警戒配備されます。NPO法人東京海難救助隊よりパトロール艇「はばたき」5〜6名の海上安全指導員・乗組員が出動の予定海図画像はレースコース海域です。
参加ヨット 約100艇(外洋ヨット)予定
開催場所 東京湾北部海域
開催日  平成24年7月15日(日)9:00〜15:00
共同主催 東京ヨットクラブ・浦安ヨットクラブ・スバル興業 (株)
後援   江東区・浦安市
     JSAF加盟団体・東京ヨット連盟
     JSAF加盟団体・外洋東京湾
     公益社団法人 関東小型船安全協会・東京支部
     海上安全指導員有志
協力   東京夢の島マリーナ・浦安マリーナ
運営   第四回SUBARU-ZA CUP YACHTRACE TOKYO BAY OPEN2012実行委員会


関東小型船安全協会・東京支部連絡調整会議が行われました。

平成24年度「海上安全指導員等連絡調整会議」及び「指導員更新講習」が行われました。日時平成24年6月10日(日)13:30〜東京みなと館会議室
議題
平成23年度海上安全指導員等の活動状況 
平成24年度海の安全運動実施計画「本年度の重点実施事項」
平成24年度合同パトロールの実施(7/16海の日)案について
平成24年度海難救助訓練の実施(7/16海の日)案について
以上の内容で日程(案)等の説明を受け、司会の大川専門官の議事進行で満場の拍手で決定されました。


海上保安庁観閲式及び総合訓練が行われました

海保では2年ぶり「2011 年は、東日本大震災対応のため中止」6/2日(土)〜6/3日(日)の両日観閲式及び総合訓練が国内外機関も参加して、東京湾羽田沖で行われました。
写真は6/3(日)横浜港・横浜海上防災基地岸壁出港前「巡視船いず」
観閲式は、海上保安庁が創設された翌年の昭和24年から、毎年行われており、今年で56回目迎えます。観閲式に引き続き、総合訓練が行われました。海保船艇25隻・航空機12機及び関係機関の船艇13隻・航空機6機が参加して行われました。
別サイト東京海難救助隊ブログで関連記事と写真を掲載しています。画像クリックしてみて下さい。


東京晴海に寄港中の「ぱしふぃっくぶいなす」

写真は東京港5/20(日)パトロール中晴海客船ターミナル接岸中の日本の豪華客船ぱしふぃっくぶいなすが寄港していました。
日本国内クルーズをはじめ、アジア・オーストラリア・インド洋などのクルーズも出来るようです。

船名 ぱしふぃっくぶいなす
船籍港 大阪
就航年月日 1998.4 主機 ディゼル12PC2-6(9.270馬力×2基)
総重量   26.594t  スタビライザ一対
全長     183.4m 全幅 25.0m
巡航速度   18.0ノット  甲板数12層
喫水     6.5m JG.NK 国際遠洋
旅客定員  644名    乗組員 220名   


第64回東京みなと祭りが開催されました。

5月12日(土)〜13日(日)2日間とも天候に恵まれて、晴海客船ターミナルをメイン会場として,親子ずれの皆さんが、杉並区内の皆さんを始め、都内・近県各地から多くの来場者が見学などに訪れました。ターミナル2階の会場では、海上保安庁・東京海上保安部ブースをはじめ東京消防庁・警視庁・東京税関・自衛隊・国土交通省等多くの役所が展示説明とイメージキャラクターマスコットのPRと入場者の説明に汗だくの様子でした。会場入場者数の発表はありませんが2010年(2011は東日本震災のため中止)より多いと筆者は感じました。写真をクリック(他サイト別ウインドウ)すると東京海難救助隊ブログに詳細写真でご覧いただけます。
写真は海上保安庁・東京海上保安部ブースで親子ずれの皆さんの「願が叶うストラップ」「わんわんハチ公」など、入場者の皆さんと海上保安官・海上安全指導員等と夢中で作っていました。


東京みなと祭り(64)今週12日(土)13日(日)2日間開催

東京みなと祭りの開催が1週間と迫りました。
杉並区民・都民の方是非ご来場ください。
親子ずれで楽しめるイベントが盛り沢山です。
開催場所  東京晴海ふ頭客船ターミナルメイン会場他
開催時間  10:00〜17:00
開催日   5月12日(土)〜13日(日) 2日間 終了しました。
入場無料
詳細は画像クリック「開催事務局HPリンクします」して確認下さい
晴海ふ頭客船ターミナル(2F)PRブース14.15.では海上保安庁・東京海上保安部イベントブースでは、すぎなみNPOフェスタでも大人気の「願を叶えるストラップ」「わんわんハチ公」等を制作指導いたします。是非親子で参加下さい。小学生でも簡単にストラップを製作完成することができます。(参加費、材料費、無料)
公益社団法人関東小型船安全協会・東京支部・NPO法人東京海難救助隊員他多数の指導者が参加して製作を応援します。


東京湾スバルザ・ダブルハンドヨットレースでは警戒・警備ご協力いただきましてありがとうございました。

東京オリンピック招致第一回東京湾スバルザ・ダブルハンドヨットレース「4/29(日)」開催の競技コース海域では多くの本船等船舶のご協力を頂き競技を無事終了することが出来ました。ご協力いただきましたこと厚く御礼申し上げます。

公益社団法人 関東小型船安全協会・東京支部海上安全指導員有志
協力船舶   海上安全パトロール艇「あすか」「はばたき」出動


第一回東京湾スバルザ・ダブルハンドヨットレースが開催されます。

←の海図は東京湾北部浦安沖〜京葉シーバ-スまでのレースコース
東京オリンピック招致第一回東京湾スバルザ・ダブルハンドヨットレースにおけるレース実施海域特に東航路から京葉シーバースに至る周辺海域及び付近海域の船舶交通の安全と同レースの円滑な遂行を図り、事故防止に万全を期すことを目的とする。
開催場所 東京湾
開催日時 平成24年4月29日(日)9:00〜14:30
主催  東京ヨットクラブ(TYC)
協力  日本セーリング連盟(JSAF)
東京ヨットクラブ競技委員会
監視警備協力 安全パトロール艇「あすか」「はばたき」(NPO法人東京海難救助隊) 公益社団法人 関東小型船安全協会・東京支部 海上安全指導員有志
開催当日のレースコース海域では付近航行船舶の皆様に大変ご不便はかけますがご協力くださいますようお願い申し上げます。


海上保安庁観閲式及び総合訓練が開催されます

写真は2010年開催の乗船風景

海上保安庁では「海上保安の日(5月12日)」記念行事の一環として来る6月2日(土)及び3日(日)の両日東京湾羽田沖で海上保安庁観閲式及び総合訓練が行われます。巡視船艇・航空機によるパレードや海難救助訓練など、日頃皆様が目にする機会少ない海上保安庁の業務をより多くの方にご理解いただくため一般公募により両日合わせて2.000人を招待するそうです。杉並区民の皆さんも奮ってご応募下さい。
応募締切平成24年4月18日(水)     終了しました.
インターネットからの応募は同日18時まで   終了しました。
(巡視船やしま2010乗船時撮影)
実施日時 平成24年6月2日(土)・3日(日)
出港 午後1時頃帰港予定/午後5時頃
乗下船場所 東京港晴海ふ頭
実施場所  東京湾羽田沖
乗船予定船 ヘリコプター搭載型巡視船
実施内容  船艇及び航空機の観閲・関係省庁のパレード及び警備救難業務に関する各種訓練


第64回東京みなと祭りが開催されます。

第64回東京みなと祭りは昨年(2011年)開催する予定でしたが震災のため中止されました。本年改めて第64回東京みなと祭りの開催の運びになったようです。3月15日プレスりリースされましたのでご案内いたします。(5/1更新しました画像クリックしてください別サイトウインドウ)
主催 東京みなと祭り協議会・特別協賛 東京港埠頭(株)発表によれば(以下PR文)第64回東京みなと祭りにおいて、東京港を航海しているレストラン船などに、無料で乗船できる体験乗船を実施します。東京港は私達、首都圏4.000万人の生活と産業を支えるダイナミックな港湾施設がある一方臨海部には水辺を活かしたまちの素晴らしい景観が広がっています。以下省略
東京みなと祭り開催日 5月12日(土)〜13日(日) 終了しました。
開催時間 10:00〜17:00
開催場所 東京港晴海客船ターミナルをメイン会場他
入場無料
先ほどの体験乗船募集について
申し込み方法
往復はがき(1枚4名まで乳幼児含む)に希望コース(1枚1コースまで)希望日・出発時刻・人数・代表者氏名・郵便番号・電話番号を記入以下まで申し込み下さい。応募多数の場合抽選となります。
申込期限4月18日(水)(当日消印有効) 募集終了しました。
申し込み先〒160-0005東京都新宿区愛住町22番地山田ビル6階
「東京みなと祭り運営事務局係」電話03-5379-1336


ジャパンインターナショナルボートショー2012開幕

ジャパンインターナショナルボートショー2012開幕
3/1(木)神奈川県横浜市・第一会場(パシフィコ横浜屋内展示ホールB.C.D)第二会場・横浜ベイサイドマリーナ(海上係留展示)3/4(日)まで開催中です。
3/1(木)第一会場パシフィコ横浜では、午前11:45テープカットなど海上保安庁音楽隊演奏によるオープニングセレモニーが行われました。3/1(木)〜3/4(日)までの4日間ボート・ヨット・海の関連用品なとが展示販売されます。オープニング初日は「届け!応援の海風」第一部〜応援大使〜のメッセージ
(出演・さかなクン・福島若可菜・長浜いりあ)
第二部・海上保安庁音楽隊・特別コンサートが開催されました。


ジャパンインターナショナルボートショー2012が開催されます

ジャパンインターナショナルボートショー2012が横浜市で開催されます。
会期 2012・3/1(木) 3/2(金) 3/3(土) 3/4(日)
会場 パシフィコ横浜(第一会場)屋内展示
   横浜ペイサイドマリーナ(第二会場)屋外展示
開館時間 10:00〜17:00
入場料  一般1000円 /高校生以上
第一会場 パシフィコ横浜他周辺(神奈川県横浜市)3/1日11:30開場
第二会場 ベイサイドマリーナ(神奈川県横浜市)3/1日12:00開場  フローティング展示 第一と第二会場間は無料シャトルバスを運行します。
主催 社団法人 日本舟艇工業会

写真は、昨年オープニング初日のイベント会場風景  詳細 クリック(別ウインドウ)すると主催者 舟艇工業会公式HPで確認出来ます。


東京湾北部海域海上安全パトロール

1月22日(日)
天候 雨後曇り 気温 6℃(東京羽田空港基地付近)
今日の天候は、海上では強風注意報が出たり不安定な1日であった。羽田空港基地→京浜島→東京港西航路→第2航路→青海ふ頭→有明ふ頭→辰巳→東航路(東京ゲートブリッジ)中央防波堤埋立地周辺海域→西航路→京浜島→羽田空港基地 途中各海域巡視パトロール、プレジャーボート等の出船は天候の影響で少なかった。写真は、東航路を有明ふ頭に向かって航行中のNIPPON EXPRESS貨物船「ひまわり5」総トン数10.470t 2003年10月就航 東京ー博多間を毎日1便運航(除く日曜)他に「ひまわり6」商船三井フェリー「さんふらわ・はかた」などが共同運航されている。

パトロール船「はばたき」より撮影 事務局

海上安全指導員3名及び救助員2名乗船


東京湾海上安全パトロール

写真は、東京港晴海ふ頭を出港する気象庁海洋観測船「大成丸」総トン数5.888トン全長124.8m 最大速力19.2kn 最大搭載人員214名

1月8日
天候 快晴 気温(6℃羽田空港付近午前10:00現在)風向 北3〜4m羽田空港北海域では4〜6mの北風
羽田基地→京浜島→東京港西航路→大井ふ頭→レインボーブリッジ→船の科学館前→青海ふ頭→第2航路辰巳ふ頭→東航路→旧東京灯標海域(撤去工事中ですが、水面上の構築物は撤去)京浜島→羽田基地帰港
作業等の業務船・警戒船は各海域で見受けられたが、プレジャーボート等は出船は少なく平穏な1日でした。


謹賀新年

皆様のご健勝とご多幸を祈念申し上げます
本年もよろしくお願い申し上げます。
    東京海難救助隊・隊員一同

写真は東京国際空港に着陸態勢の昨年就航したボーイング787新型旅客機(12/25事務局撮影)