すぎなみ地域コム

文字サイズ

トップページ>お知らせ>【講座風景】 区民ライター講座2013

区民ライター講座【最終回】

講座の様子

区民ライター講座最終回 9月14日(土) 
(会場:すぎなみNPO支援センター)

7月に始まった区民ライター講座も、いよいよ最終回を迎えました。
この日はテレビやラジオ等でもご活躍中のコラムニスト、泉麻人先生をゲスト講師にお迎えし、受講生の皆さんが完成させた記事について講評をいただきました。


 この3カ月間で、受講生の皆さんは、地域の魅力となる地域資源を発掘し、広く発信するために必要な技能を、コミュニケーションワークやライターマナー、文章ワーク、取材・写真実習などを通じて幅広く学んできました。

 最終回はその集大成として、完成した記事のお披露目のほか、実際に取材を通して感じた「取材は○○だ」という感想・課題等の発表を行いました。
 ・取材は『出会い』だ
 ・取材は『写真』だ
 ・取材は『責任」だ
 ・取材は『熱意』だ
といった、思わずうなずいてしまう意見のほか、

 ・子どもの取材は2倍大変だ!
 ・取材は『告白』だ
というユニークな格言も飛び出しました。
 
 また、方南町・代田橋エリアを取材したチームからは、
 ・方南町は杉並区だ!
 ・代田橋も杉並区だ!
と、力強いメッセージもありました。

 そして、皆さんの発表を受け、ゲスト講師の泉麻人先生に、コメントとアドバイスをいただきました。

・取材対象の「ウリ」「チャームポイント」を捉えて引き出すことが大切。(お店の取材でも「味」「店主」「客」など、どこに焦点をあてるかによって全く違う記事になる)
・何より「好き」であることが大切。
・常套句の使い方(例えば「老舗」「トレンド」など)に気をつけたほうがよい。
・取材をしながら興味の方向性を広げることも大切。原稿にする際どこをカットするか難しいときは、記事を掲載するメディアの性格(読者層など)によって取捨選択をする。
など、これからライターとして活動する受講生の方々に、親身で実践的なアドバイスをいただきました。
 泉麻人先生、ありがとうございました。

 最後に泉先生を囲んで記念撮影を行い、3か月にわたる講座が無事に終了となりました。(その後は受講生主催の懇親会へ・・・)
 皆さま、長期にわたりご参加いただき、ありがとうございました。
 今後も、杉並区の区民ライターとして、たくさんのご活躍を期待しております。

*****************************************
受講生の皆さんが仕上げた記事は、杉並区公式サイト「すぎなみ学倶楽部」にて順次公開予定ですので、ぜひご覧ください!!

 http://www.suginamigaku.org/

 


区民ライター講座

講座の様子(第4回)

区民ライター講座第4回 8月3日(土) 
(会場:すぎなみNPO支援センター)


第4回は「撮影実習」。
 
今回は、カメラを使った実習ということで、講師から撮影のコツを学ぶとさっそくカメラを片手に阿佐ヶ谷のまちへ繰り出しました。

講師はプロカメラマンの嘉屋本暁(かやもと あきら)先生です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 はじめに嘉屋本先生から「写真の基本・いい写真とは」というテーマで講義をいただき、記事の中での写真の役割を意識すること、目的にあわせてアングルを変えたり写真の組み合わせを工夫することで効果的に情報を伝えることなどを学びました。
 
 その後は2班に分かれて撮影実習。屋外で阿佐ヶ谷の風景撮影、室内では静物の撮影に挑戦しました。
 実習後、皆さんそれぞれのイチオシ写真をプリントアウトし、様々なテーマ・構図の写真が並ぶ机を囲んで、嘉屋本先生に1枚ずつ講評していただきました。何気なく撮った写真もプロの視点からその良さを教えてもらえたり、「本当はこういう風に撮りたかった」という方にはそのためのコツを伝授していただいたりと、受講生の皆さんにとって、大変貴重な機会になったことと思います。
嘉屋本先生、ありがとうございました。

 最後に次回の取材実習に向けて、グループ編成と打ち合わせを行いました。いよいよ本番!どんな取材ができるか、楽しみ半分、緊張半分、受講生の皆さんは着々と準備を進めています。
 できあがった記事は、杉並区の公式サイト「すぎなみ学倶楽部」に掲載されますのでご期待ください!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【受講者の皆様へ】
取材実習のアポイント状況の報告や企画についての質問・相談などは、それぞれの記事のコメント欄へお願いします。(記事のタイトル部分をクリックするとコメント入力フォームが開きます。)

 分からないこと、不安なことは事前に相談して解消し、準備万端で実習に臨みましょう!!



区民ライター講座

第3回講座の様子

区民ライター講座第3回 7月20日(土) 
(会場:杉並区役所分庁舎)


第3回はいよいよ「文章ワーク」。
 
これまでのグループワーク中心のにぎやかな講座内容とはガラッと雰囲気がかわり、机に向かってカリカリとペンを走らせる音が響いていました。

講師はNPO法人CBすぎなみプラスの紙谷清子先生です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 はじめに紙谷先生から、個人の日記やブログと、公共メディアに掲載する記事の違いについてお話があり、「いちばん大事なのは読者」「客観的に書く」「出典を明記する」などの文章の基本について学んだ後、実際の雑誌に掲載されていた200字程度の店の紹介文を短くするワークにも挑戦しました。
 残す言葉と削る言葉の選別や言い換え、タイトル付けなど、皆さんそれぞれに頭を悩ませながらも熱心に取り組まれていました。
 「読者がピンとこない見出しは、見出しじゃない!」「取材先への配慮は必要だが、遠慮は不要」という紙谷先生の言葉がとても印象的でした。
紙谷先生、ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【受講者の皆様へ】
★7月25日(木)までに、コンテンツ企画書の提出をお願いいたします。提出先は、第3回目のテキスト4ページの下段に記載されています。
ご質問等は、コメント欄へお願いします。(この記事のタイトル部分をクリックするとコメント入力フォームが開きます。)


区民ライター講座

区民ライター講座第2回 7月13日(土) 
(会場:産業振興センター会議室)

3連休の初日にも関わらず、また連日の猛暑にも負けず、この日も多くの受講生の皆さんにご出席いただきました。
講師はイーナコミュニケーションの樋栄ひかる先生です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第2回目のテーマは、「コミュニケーションワーク」。
 まずはじめに、第1回で自己紹介を行った際、同じテーブルだった方同士でペアになり、別のペアに相方さんを紹介し合う、というワークを行いました。限られた時間で自分以外の人をわかりやすく紹介するというのは、なかなか難しいことだったのではないでしょうか。
 
 後半は、コミュニケーションのスペシャリスト樋栄ひかる(ひえひかる)先生をお招きし、「ココロのくせ」についてワークショップを通じて体感しました。
 ワーク自体は、ペアになって「1」「2」「3」と順に数え合ったり、向かいあって手をたたいたりと賑やかなゲーム感覚で、皆さんとてもリラックスして楽しんでいらっしゃる様子でした。
 実はそのリラックスした状態で、自分が何を考えてゲームをしていたか(「間違えないように」とか「相手に負けないぞ」とか)、また相手は自分のことをどのように感じていたか、などを後から振り返って話し合うことで、自分の「ココロのくせ」を感じとってみよう、という奥深いワークなのでした。
 同じゲームをしていても、心の内は人それぞれ、人に与えている印象も自分が思っているのとはまた異なっていたりと、コミュニケーションの奥深さ、難しさ、おもしろさを再発見できる素敵なワークでした。
 樋栄ひかる先生、ありがとうございました。


区民ライター講座

区民ライター講座第1回 

区民ライター講座第1回 7月6日(土) 
(会場:杉並区立中央図書館視聴覚ホール)


 梅雨明けとともに急に夏が訪れたこの日、中央図書館の視聴覚ホールで、受講生のみなさんの熱いカフェトークが繰り広げられました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 講座初回ということですぎなみ地域大学学長からのご挨拶、講師からのガイダンスに続き、受講生同士の自己紹介タイムもありました。
 
 その後、「情報収集のコツ」「杉並の魅力」「伝達力の高め方」の3つのテーマに分かれて『カフェトーク』の手法で話し合うワークに挑戦。多くの方がカフェトーク初体験のようでしたが、活発に意見が飛び交い、とても盛り上がった様子でした。

 最後は先輩ライターの中谷さん、村田さんが執筆されたすぎなみ学倶楽部の記事をご紹介いただきながら、取材活動などの体験談をお話くださり、受講生のみなさんはとても真剣に聞き入っていました。

 グループワークや先輩ライター、講師のお話を通じて、初回ながらも区民ライターに必要なスキルや心構えのヒントをたくさん得て、目指す区民ライター像がぼんやりと見えてきた方もいらっしゃるようでした。

 


区民ライター講座第1回講座の様子(写真)