すぎなみ地域コム

文字サイズ

トップページ>お知らせ>コース紹介を掲載しました

コメント投稿・閲覧は、それぞれの記事タイトルをクリックしてください

紅葉の秋川に沿ってウォーキングをしませんか。11月下旬から12月初旬が見ごろです。。

石舟橋

桜のとき、新緑のとき、紅葉のとき、あでやかで美しい風景が目の前に広がります。
武蔵五日市駅を起終点に、秋川の流れに沿った、ほのぼのとした里山歩きを楽しめる14.6kmのウォーキングです。
総歩行距離が長すぎるという方には、11km、8km、6kmのコースもつくりました。
道々には、神明社、お地蔵さま。
草花や野鳥の鳴き声を聞き、清流を見ながらのコースを楽しめます。
桜や紅葉のころ、「徳雲院」や「龍珠院」は楽園にいると感じるでしょう。
「瀬音の湯」での足湯をお薦めしま〜す。
瀬音の湯から十里木へ向かう途中の吊り橋「石舟橋」は、四季折々に表情を変え、新緑から紅葉、雪景色も楽しめます。このあたりを散策するのもお薦めです。

 [コース概要] JR五日市線・武蔵五日市駅―五日市郷土館―みえこさんの手作りこんにゃく―落合橋―徳雲院―五柱神社―神明社―龍珠院―西青木平橋―秋川渓谷 瀬音の湯―バス停「十里木」―JR武蔵五日市駅
 
詳しい紹介は ⇒「秋川の清流に沿って静かな里山あるき(111)


秋晴れの下、ウォーキングに行きましょう。きれいなバラの花も咲いてます。

桜の名所・飛鳥山公園、日本を代表する名園=旧古河庭園/六義園、1年を通して花が咲く小石川植物園、もりだくさんの東京散歩。
名園をゆったり楽しみながら、旧岩槻街道(本郷通り)に沿って点在する、江戸時代に庶民の信仰を集めた寺社・お地蔵さんをめぐる約10.5キロメートルのコースです。

 [コース概要] JR京浜東北線/東京メトロ南北線・王子駅―飛鳥山公園 (紙の博物館・北区飛鳥山博物館・渋沢史料館)―西ケ原一里塚―七社神社―滝野川公園―東京都北区防災センター (地震の科学館)―平塚神社 (平塚城跡)―無量寺―旧古河庭園―六義園―駒込富士神社 (富士神社古墳)―吉祥寺―目赤不動 (南谷寺)―ほうろく地蔵 (大圓寺)―お七の墓 (圓乗寺)―白山神社―小石川植物園―延命豆腐地蔵尊 (喜運寺)―美幾(みき)女 (日本で最初の献体者) の墓 (念速寺)―こんにゃく閻魔 (源覚寺)―礫川公園―展望ラウンジ (文京シビックセンター25階)―東京メトロ丸の内線・後/都営大江戸線後楽園駅 (都営三田線・春日駅)
 
詳しい紹介は ⇒「都心の庭園・植物園を訪ねる:王子駅〜後楽園(春日/水道橋)駅 (025)


秋空の下、武蔵野の雑木林を歩いてみませんか。

京都まで行かなくても見事な紅葉が楽しめ、四季折々の自然を満喫する平坦なコース。
江戸時代初期の老中だった、川越藩主・松平信綱が開削した野火止用水と、信綱が遺命によって岩槻からこの地に移転させた禅寺・平林寺を中心に、武蔵野の面影が残る一帯を歩く10キロメートルのウォーキングです。

JR武蔵野線・新座駅―ふるさと新座館 (農産物直売センター・観光インフォメーションコーナー)―野火止用水公園 [野火止緑道]―山下橋―野鳥の森公園―伊豆殿橋―平林寺―平林寺堀―隅屋敷橋 (関越道)―総合体育館―本多緑道―史跡公園―野火止用水緑道―氷川神社―黒目川―西武池袋線・東久留米駅

 詳しいコース紹介は ⇒ コチラ
 コースの写真は ⇒ コチラ


草木が色づき始める東京の里山を歩いてみませんか!

横沢入(里山保全地域)

懐かしい里山風景と伊奈宿を訪ね、紅葉や梅や桜や新緑や萩を楽しめるコース
秋留台地にあるJR五日市線・武蔵引田駅を出発し武蔵五日市駅まで、蛇行する秋川の左右の高台を、奥多摩の山々を見ながら歩く10キロメートル弱のコースです。

詳しいコース紹介は⇒ コチラ
コースの写真は⇒ コチラ


ウォーキングが気持ち良い時期になりました。杉並区内から歩くコースを紹介します。

写真:玉川上水沿い

3つの川(善福寺川 神田川 玉川上水)を歩く:阿佐谷駅〜井の頭公園
サクラ、紅葉がきれいな3つの川に沿って歩きます。樹々もおおく、暑いときでも木陰は涼しいコースです。

コースの概要は、⇒ コチラ をクリックしてください。
コースの詳しい紹介は、⇒ コチラ をクリックしてください。


暑い夏ですが、都内の渓谷や森を歩いてみませんか?

多摩川浅間神社から見た、多摩川・武蔵小杉方面。遠くに、丹沢、箱根、富士山を一望。

「毎日あつくて、外に出たくない」という声をよく聞きます。
「でも、ずっと家の中にこもっているのも、健康によくないし・・・」

そんな方は、ふらっと、都内にある渓谷に出かけてみてはいかがでしょうか?
そんなウォーキングコース「等々力渓谷と古墳群を満喫:等々力駅から自由が丘駅」を紹介しました。

紹介しているコースを全部歩かなくても、途中、バスや電車を利用して、興味のあるポイントだけ《つまみ食い歩き》しても、楽しいですよ。

コースの概要は、⇒ コチラ をクリックしてください。
コースの詳しい紹介は、⇒ コチラ をクリックしてください。


杉並区内から出発するウォーキングコースを紹介しました。

三宝寺池

三宝寺池と白子川源流を歩く:井荻駅から大泉学園駅まで
自然がいっぱい、森林浴や野鳥観察が楽しめる10.5kmのウォーキングです。
のんびり歩きたい方には5kmのハーフコースもできます。
               概要は、⇒ コチラ をご覧ください。

春、夏、秋、冬――それぞれ楽しめます。


町田ダリア園が、7月5日に開園!

町田ダリア園には、たくさんの種類のダリアが咲いています。
ウォーキングしながら、きれいな花を楽しみましょう。
紹介している「町田・薬師池公園:花いっぱいの郊外あるき」コースを参考にどうぞ。(コース紹介は コチラ です)

でも、熱中症に気をつけて、水分の補給を忘れないでください。
適度の休憩も大事です。

★町田駅からバスで町田ダリア園への行く方は、コチラ もごらんください。


20年間にわたって実施してきた124回のウォーキング例会から、おすすめのコースを選んで紹介していきます。

20年間にわたって実施してきた124回のウォーキング例会から、おすすめのコースを選んで紹介していきます。
いまは暑いので、全コースでなく、ハーフコースを歩かれるのもいいですね。。
詳しくは、《トップページ》⇒ 《団体概要》⇒《公開しているコース》をご覧ください。

★「金沢文庫から鎌倉へ:三浦半島を横断」コース
たっぷりの森林浴を楽しめる三浦半島横断のコース(歩行距離14.5km)です。

★「町田・薬師池公園:花いっぱいの郊外あるき」コース
四季折々、見事な花・紅葉が楽しめる東京郊外のコース(歩行距離10km)です。

★「浮間公園から光が丘公園へ:東京大仏
JR埼京線・浮間舟渡駅から出発し、都立浮間公園、花がきれいな都立赤塚公園や植物園、東京大仏を通り、都立光ヶ丘公園に至るコース(歩行距離12.5km)です。

★「赤羽駅から王子駅:緑と水の武蔵野台地の縁(へり)を歩く
東京の北の端。水田や、湧き水や、滝や、狐の行列・・・。変化に富んだ10.5キロメートルの街あるきです。