すぎなみ地域コム

文字サイズ

トップページ>お知らせ>2018年度お知らせ>交流会「みんなで話そう〜災害と「社会的弱者」〜」開催報告

<< コーナーに戻る

交流会「みんなで話そう〜災害と「社会的弱者」〜」開催報告

9月26日(水)、第2回NPO団体等交流会を開催しました。参加者は、NPOや町会、センター協議会、社協・行政関係者やこれから活動したい方を合わせて20名。防災関係の団体だけでなく、国際交流、障害者、LGBTsなど、様々な分野で活動する人が集まりました。

本会のゴールは、「災害時における困難を考え、平時にも活かせるヒントを持ち帰ること」+「参加者どうしが、対話を通じてお互いを知ること」。ファシリテーターとして災害復興支援の現場で活躍する杉村郁雄さんを迎え、YES/NOで答えるかんたんな防災ゲームをしました。ワールドカフェ形式で、円卓を囲んで膝をつきあわせ話し聴き合い、会場はとてもにぎやかでした。ゲームの後は振り返り。ゲームを通して気づいたことや感じたことを自由に話し合い、どう活かすか、考えるか、行動するか、話し合いました。

アンケートでは、「またこのような交流会を開いてほしい」との声が一番多かったです。
ほか、「向き合うことを考える機会をもうけられてよかった」「立場の違いや経験の違う方との意見交換が非常に面白かった」「普段話せない人と話せて良かった」など、色々な人が色々な考えや思いを持っていることを改めて考えるきっかけとなったようです。
また、「ワークの進め方が参考になった」「自分の団体でも今回の手法を参考にしたい」という声も多数ありました。(気になる方はぜひ、協働プラザまでお問い合わせくださいね)

次回の交流会は、12月5日(水)を予定しています。こんどは大規模なものを考えていますので、ご期待ください。


イベントURL
みんなで話そう 〜災害と「社会的弱者」〜 第2回 NPO団体等交流会