すぎなみ地域コム

文字サイズ

トップページ>お知らせ>インターンDAYS 2018夏

コメント投稿・閲覧は、それぞれの記事タイトルをクリックしてください

〜インターンDAYS2018夏〜

初めまして。すぎなみ協働プラザでインターンをしている菅原です。

このインターンDAYS2018夏では、私のインターン中の活動を記事としてまとめていきます。

インターンに興味を持っている学生や地域活動に携わっている方々などに、活動の様子をお伝えできるように頑張りますので、是非読んでください。


「BATA ART EXHIBITION」の作品鑑賞

こんにちは。インターン生の菅原です。

阿佐谷南で開催されたアートイベント「BATA ART EXHIBITION」の展示作品を鑑賞しました。


このイベントの特徴は、住宅街のスペースなどを活用して作品を展示している点です。中には非常にユニークな場所に展示をしている作品のほか、昼と夜とで異なる印象を与える作品などがあり、様々な楽しみ方が出来るアートイベントでした。








「きずなサロン虹」に訪問しました。

こんにちは。インターン生の菅原です。

きずなサロン虹に訪問しました。きずなサロンとは、誰でも気軽に利用できる地域の憩いの場です。
きずなサロン虹は、平成26年に設立されたサロンで、お茶を飲みながら談笑することのほかに、定期的にものづくりのイベントや講座を開催しています。


今回の訪問では、ミニバッグの手芸イベントが開かれていました。参加されていた方々が楽しそうに作業をされていたのが印象に残っています。


また、きずなサロン虹を立ち上げた民生委員の高橋さんから、サロンについてのお話を伺いました。参加者と担い手の双方が楽しめる居場所づくりを意識しているという高橋さんのお話の通り、きずなサロン虹はとても居心地の良い居場所だと感じました。



「地域防災コーディネーター育成機構」代表の瀧澤さんに取材しました。

一般社団法人「地域防災コーディネーター育成機構」代表の瀧澤さんから、地域の防災についてのお話を伺いました。

地域防災コーディネーター育成機構は、災害時に自ら行動できる人材育成を目的として、2015年に設立されました。震災救援所の運営能力向上を目的とする初動体制教育や、災害の被害を最小限に食い止めることを目指す減災教育の推進活動が主な活動です。


取材では、人と人との繋がりが、地域の防災に結びつくという話を聞くことが出来ました。ご近所同士の助け合いによる共助によって、多くの被災者が助けられているという現実は、非常に重要であると感じました。


また、災害時には普段使っている道路や、指定の避難場所が使えなくなる可能性もあるということは、盲点でした。不測の事態にも対応できるように、防災について学ぶことは必要だと思いました。


「アートカード体験&ボランティア活動説明会」に参加しました。

こんにちは。インターン生の菅原です。

ゆうゆう高円寺南館で開催された「アートカード体験&ボランティア活動説明会」に参加しました。


講座を主催しているNPO法人竹箒の会は、美術作品などの絵はがきを用いたゲームを通じて、健康寿命を増進することを目指しています。そして、アートカードゲームの進行役を募る目的で、こうした講座を開催しています。


講座には、3人の女性が参加しており、複数のアートから共通点を探すゲームや手に取ったアートカードを用いて物語を作るゲームを行いました。

講座を通じて、今まで気付かなかったような絵の特徴に気が付くこともあります。興味を持った方は是非参加してみてください。