すぎなみ地域コム

文字サイズ

トップページ>お知らせ>2018年度お知らせ

コメント投稿・閲覧は、それぞれの記事タイトルをクリックしてください

【注意喚起】全てのNPO法人のみなさん、お急ぎください!定款の変更

NPO法人の皆様!定款変更はお済ですか?

改正NPO法が、いよいよ10月に完全施行されます。
これに伴い、全てのNPO法人に「貸借対照表」の公告が義務化されます。

公告の方法は、ほとんどの団体の定款で「この法人の公告は、この法人の掲示場に掲示するとともに、官報に掲載して行う。」と記載されており、
官報(政府発行の告知新聞みたいなもの)の掲載は、この場合7万円程度必要で、毎年、支出することは多大な負担になります。

なので、この定款を変更することをおすすめします。

具体的には
「この法人の公告は、この法人の掲示場に掲示するとともに、官報に掲載して行う。ただし、法第28条の2第1項に規定する貸借対照表の公告については、〇〇〇において行う。」
と、貸借対照表に関する但し書きを添える変更です。
この〇〇〇については、いくつか選択肢があり、自分たちに合った方法を選んで記載します。
内閣府や東京都の情報提供、各所轄庁の情報提供をご確認下さい。

(ご参考)内閣府のウェブサイト 定款変更の例示PDF
https://www.npo-homepage.go.jp/uploads/201702-kaisei-bs-koukoku-ex.pdf
(ご参考)東京都のウェブサイト 定款変更の例示PDF
http://www.npo.metro.tokyo.jp/npo/pages/provide/cmn/link/h29houkaiseisinkyuu.pdf

選択肢としては……。
・ホームページ掲載がおすすめです。東京都の例示でも、一番上に出ています。
・団体の情報公開に、内閣府のポータルサイトでの掲載できます。
・これらの方法が選べない場合、法人事務所の入口など誰にでも見えやすい場所に掲示という方法もあります。

なお、9月中に、定款変更をせず、貸借対照表に関する但し書きを追加しなかった場合で、
条文が「この法人の公告は、この法人の掲示場に掲示するとともに、官報に掲載して行う。」で終わってしまっている場合、
10/1以降、直近の事業年度の貸借対照表を官報に掲載しなければなりません。

定款変更もせず、かつ官報への公告も行わず、という状態はNPO法違反です。
過料(お金でお詫び)の対象となってしまいます。

定款変更を、どうぞお急ぎください!

「この文面だけでは、よくわからない」という方には、
すぎなみ協働プラザで相談および説明をいたします。(所要時間30分程度)
・事前に相談日を予約をしてください。
・相談日には、定款、直近の東京都への報告書、総会議事録をご持参ください。

電話:03-3314-7260
メール:info@nposupport.jp
(すぎなみ協働プラザ 担当:濱野)

※この情報は、「シーズ・市民活動を支える制度をつくる会」のFacebookページを参考にしました。


「伝わるチラシ」づくりを実践―広報講座を開催

平成30年度の第1回地域活動講座「伝えたい人に伝わるチラシをつくりませんか?」を7月20日と27日の2回、すぎなみ協働プラザの交流コーナーで開催しました。
15団体が参加し、「伝わる」広報とチラシのコツを学びました。

この地域活動講座は、NPOなど杉並区内の地域団体の運営や活動を活性化するのを後押しするのが目的で、今年度からスタートしました。

 講師はデザイナーで杉並区広報専門監の谷浩明さん。1日目は広報の知識とデザインの基礎、基本レイアウトを学び、2日目は宿題の自作チラシ(同じテーマ)について各自がプレゼンしたあと講師が講評・添削を行いました。

 1日目で学んだ知識・ノウハウを応用しながら課題チラシを実際に作成し、評価するという実践的な講座となりました。

参加者は、「初めてプロの方のお話を聞けてよかった。チラシ作りもルールがあることを知った。」、「作る目的、コンセプト、ゴールなどは、チラシ作成のためだけでなく、開催するイベントそのものの考え方にも役に立つと思いました。」と話していました。


【終了しました】「未来をつなぐ子ども資金」2018年度 助成団体の募集【転載】

杉並区で子どもたちのために活動している団体に助成します。

NPO法人未来をつなぐ子ども資金では、杉並チャリティー・ウォークの参加費として市民のみなさまからお預かりしたチャリティー資金を次代を担う子どもたちの健全育成を図る活動や社会教育の推進を図る活動に助成し支援します。

子どもたちは、私たちの社会の今と未来をつなぐ大切な存在です。子どもたちのために活動する団体が杉並区内に数多く存在し、その活動が発展することを目的に、杉並チャリティー・ウォークの参加者からお預かりした参加費や寄付金を原資として資金助成を行います。これにより、杉並区がさまざまな子どもたちの健やかな成長をサポートする地域になることを目指します。

助成を希望されるボランティア団体等のみなさまは、下記の募集要項をご覧になり、2018年8月23日までに申請をお願いいたします。

2018年度 助成募集団体は2種類
1)立ち上げ支援:設立から3年以内の団体に総額15万円(1団体につき5万円まで)を助成します。
2)新たな活動支援:既存の団体による新たな活動に総額20万円(1団体につき10万円まで)を助成します。

。院法■押卜昌抉腓暴妬して申請することはできません。
⊇成額がそれぞれの上限額に満たない場合、差分を他方へ融通しその総額上限を積み増すことがあります。

応募期限   : 2018年8月23日(木)到着分まで
公開選考会  : 2018年9月29日(土)

助成選考委員の公募
助成に当たっては当法人の選考基準により、選考委員によって公開の場で助成先を決定します。選考委員9名のうち3名を公募します。

応募期限   : 2018年8月23日(木)到着分まで
公開選考会  : 2018年9月29日(土)

詳しくは募集チラシ、要項をご覧ください。

募集チラシ配布場所 : 杉並ボランティアセンター(ウェルファーム杉並4F)
            すぎなみ協働プラザ(阿佐谷地域区民センター4F)
または以下からダウンロードできます。

チラシダウンロード

【転載終わり】

詳しくは、未来をつなぐ子ども資金のHPをご覧ください。
http://kodomoshikin.org/fund/fund_konnend/


平成30年7月豪雨災害義援金、受付開始【情報共有】

〜杉並社協からのお知らせを共有いたします〜

平成30年7月豪雨では、西日本を中心に大雨、洪水による甚大な被害が発生しました。
被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

杉並区社会福祉協議会(共同募金杉並区地区協力会)では、
被災された皆さまを支援するため、募金箱を設置し義援金の受け付けを開始しました。

お寄せいただいた義援金は中央共同募金会を通し、被災県共同募金会に送金いたします。

義援金は、被災県に設置された義援金配分委員会を通じ、全額を被災された皆さまにお届けいたします。

皆さまのあたたかいご支援をよろしくお願いいたします。

【受付期間】  
平成30年7月13日(金)から平成30年9月28日(金)まで

【募金箱設置場所】
・ウェルファーム杉並1階 エレベーター横                              
・杉並区社会福祉協議会窓口(ウェルファーム杉並2階・4階)
地図


【展示案内】ガラス作品が、折り紙作品とコラボ☆

杉並でガラスとタイルモザイク作品の制作活動をしている
河原拓巳さんの展示が始まっています。
(杉並戦略的アートプロジェクト・登録アーティスト)

そして、本日7月12日から、
自然流桐齋さんの折り紙作品とコラボレーションしました(写真のひまわり)

すぎなみ協働プラザ・交流コーナーにて開催中です。
急に暑い日が続いていますが、こちらはとても涼しげです。
ぜひ足をお運びください。

地図

☆7月21日、7月28日には、
 生け花のLiveパフォーマンスタイルモザイクのワークショップも予定しています。


平成30年7月豪雨に関する災害ボランティア・支援情報(転載)

7月5日から降り続いた豪雨により全国各地で甚大な被害が発生しています。この豪雨により、被災された皆様にお見舞い申し上げます。

東京都社会福祉協議会が運営する、東京ボランティア・市民活動センターでは、この災害に対する被害情報・支援情報を収集しています。

豪雨被害に関するボランティア活動の受け入れについては、以下のホームページで随時更新されていきますので、ご確認ください。
https://www.tvac.or.jp/news/50240


◆ご参考

災害時こそ急がば回れ、効果的な寄付のために持っておきたい10の視点
http://aka-tsuki.org/news/others/5279/

東京ボランティア・市民活動センター
自分たちで「寄付」を集めるための8つのステップ
https://www.tvac.or.jp/news/37916


◆「子育て支援」交流会を開催

すぎなみ協働プラザ主催の「子育て支援交流会」が6月28日(木)午後、阿佐谷地域区民センター4階の「交流コーナー」で開かれました。子どもの預かり、虐待防止、発達障害支援、不登校対応、アレルギーなど子育てに伴う様々な課題に取り組んでいる20団体と、これから活動を始めようとしている個人の方々併せて24名が参加し、活動紹介や意見交換をしました。

 この交流会はすぎなみ協働プラザが今年度から始めた事業で、第1回となる今回は子育て支援団体に集まっていただきました。
シングルママ支援やママ向けのイベントを企画・運営しているNPO代表2人をファシリテーターに、困ってることをテーマに話し合いました。
参加者からは「団体や活動がなかなか知られておらず、集客に苦労している」「ネットワークづくりがうまくいかない」などの声が出されました。特に広報の部分では、活動の差別化の話や活動のキャッチフレーズを考える大切さについて共感が集まりました。
 同じ子育てという分野でもたくさんの課題と活動があること、繋がることで新しいネットワークが広がることを共有できたようです。
2時間の交流会が終わった後も、参加者は名刺交換したり、懇談したりしていました。次回の交流会は9月に予定しています。


【大阪北部地震で被害にあわれた方に想いを寄せる方へ】

大阪市の、ボランティア、NPO、企業市民活動を支えるNPOである、「大阪ボランティア協会」が発信したメッセージを掲載いたします。

http://www.osakavol.org/01/saigaibousai/osaka18.html
(上記リンクからの引用です)

===以下引用===

2018年6月18日(月)午前7時58分に、大阪府北部地方を震源とする強い地震が発生しました。
この度の地震でお亡くなりになられた方のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様に心よりお見舞いを申しあげます。
大阪ボランティア協会の事務所がある大阪市中央区の地域は震度4で大きな被害はなく、当協会の理事、常任運営委員、職員、皆の無事を確認しております。全国各地から安否確認やお見舞いのご連絡をいただき、ありがとうございます。
※2018年6月18日情報更新

■被災地での活動を希望されている方へ
現在、関係者並びに関係団体・組織と連絡をとりあい、情報を収集しております。未だボランティア活動の情報はありません。
被災地でのボランティア活動に向かわれたい場合は、最新の情報を確認した上で、十分な準備をし、被災地に向かうようにしてください。
また、もう少し余震が落ち着いた時期に、家の片付けなどボランティアの応援を希望する可能性もあり、「今」だけでなく、長い目で気持ちを寄せていただければと思います。

【最新情報】 ※準備ができしだい、情報がアップされます
●全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)
http://jvoad.jp/
●全社協 被災地支援・災害ボランティア情報
https://www.saigaivc.com/
●大阪府社会福祉協議会
http://www.osakafusyakyo.or.jp/

【被災地に向かう前に】
●ボランティアのみなさまへ(社会福祉法人 全国社会福祉協議会 地域福祉部/全国ボランティア・市民活動振興センター)
https://www.saigaivc.com/volunteers/
●これだけは知っておこう「災害支援ボランティア」(大阪ボランティア協会)
http://www.osakavol.org/01/saigaibousai/introduction.html
●大阪ボランティア協会公式FACEBOOK
https://www.facebook.com/osakavol

■大阪で求められる支援
いま多くの方にできることは「寄附」です。寄附は、どの支援段階においても、非常に有効な支援活動のひとつです。寄附金は、被災者個人に直接配分される「義援金」と、現地で支援活動をする様々なNPO/NGOに寄附する「活動支援金」があります。

●被災地に寄附をする
http://www.osakavol.org/01/saigaibousai/donation.html
「義援金」と「活動支援金」の違い、寄附をする際の注意など

===引用終わり===


2018子どもフェスティバルに出店しました!

6/3(日)に阿佐谷地域区民センターで子どもフェスティバルが開催されました。

とても良いお天気で、約3,800人の方が来場者され、それぞれのイベントは、大賑わいでした。

すぎなみ協働プラザは中庭に出店し、ペットボトルのジュースやお茶を販売しました。
梅雨前で暑いくらいの天候だったためか、事前に用意した飲物は、すぐに売り切れてしまい、急遽、追加で用意しなくてはならないほどでした。

これらの売上16,700円は、当日の募金箱の募金、前日のセシオン杉並まつり2018での募金を合わせて、杉並区NPО支援基金に寄付されます。
総額は、22,860円でした。
ご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました!



平成30年度 NPO活動資金助成団体が決定しました!

平成30年度に「杉並区NPO支援基金」の助成を受ける事業が決定しました。
書類と公開プレゼンテーションによる審査を経て、
下記の7団体による事業が助成対象に選定されました。

荻窪家族プロジェクト
https://www.ogikubokazoku.org

ストレス対処法研究所
http://www.stress-inst.com/top

ワーカーズコープ杉並地域福祉事業所「浜ココ」
https://www.hama-coco.com

サービスフロンティア
http://www.sugi-chiiki.com/toshokan_sa-bisu/

竹箒の会
http://www.takebouki.net

てんぐるま
https://www.tenguruma.org

むさしの児童文化協会
https://musashino-jidoubunka.jimdo.com


【重要】交流コーナー・利用ルールが変わりました。

いつも交流コーナーをご利用いただきありがとうございます。

すぎなみ協働プラザの交流コーナーは、杉並区の地域活動のために
少人数の打合せや軽作業にご利用頂けるフリースペースです。
より多くの皆さんに気持ちよくお使いいただくために、ルールを改訂いたしました。
下記、ご確認のうえご利用ください。ご協力をお願いいたします。


<利用ルール>

・ご利用に際しては、毎回、受付が必要になりました。
 プラザ事務室に、団体名、代表者氏名、人数をお伝えください。

・長時間のご利用はお控えください。(概ね2時間程度)

・大人数でのご利用はなるべくご遠慮ください。(机二つまで)
 やむなく利用される際には、受付時にご相談ください。

・ご予約はできません。

・営利、教室、勉強、飲食目的でのご利用は、ご遠慮いただいております。

・ご利用後は机・椅子を元の位置にお戻しください。

◆ほか、設備等については、添付のpdfをご覧ください。

交流コーナーアクセス:
Google Map
https://goo.gl/maps/HQau1pxSHmx
東京都杉並区阿佐谷南1-47-17 阿佐谷地域区民センター4F

お問い合わせ:すぎなみ協働プラザ(03-3314-7260)

資料リンク: すぎなみ協働プラザ交流コーナー 利用案内 (PDF書類, 1,147,268 byte)

【助成金情報】平成30年度 まちづくり助成 まちづくり活動団体募集

〜杉並区内の助成金のお知らせです〜

杉並区内で行う区民主体の自主的なまちづくりで、地域に開かれ、
現在または将来にわたって住みよい都市環境づくりに貢献する活動を応援します。
助成の可否、助成額は公開審査の上、決定します。

【対象】
平成30年4月〜平成31年3月に行われる活動

【コース】
・びぎなーコース
 区民等5名以上で構成され、規約・会則を定めている団体
 助成金は3万円以内。セミナーへ参加し、アドバイスを受けていただきます。

・すてっぷコース
 まちづくり団体として区に登録した団体
 助成金は7万円以内。公開審査会で活動内容を発表していただきます。
 (まちづくり団体の登録など、詳細はお問い合わせください。)

【募集期間】
4月16日(月曜日)〜5月16日(水曜日)

【申込み】
事前相談(要予約)の上、申請書を都市整備部管理課庶務係へ持参してください。

【問合せ】
都市整備部管理課庶務係
電話:03-3312-2111(代表)内線3504
http://www.city.suginami.tokyo.jp/news/h3004/1039773.html