すぎなみ地域コム

文字サイズ

トップページ>お知らせ>インターンDAYS 2017春

杉並区の手話サークル「杉の会」に取材に行ってきました〜

杉並区の手話サークル「杉の会」

こんにちは、インターンの林です!

杉並区の手話サークル「杉の会」の活動を取材しました。杉の会は全部で5つの手話サークルから成り、今回はそのうちの1つ「つくしの会」に訪問しました。手話学習者、中途失聴者など40名近い人が参加していました。
つくしの会では入門・初級・中級に分かれて手話を練習し、実際に使って会話を楽しんでいます。

私は今回入門クラスで体験しました。手話には実はそれぞれの単語に語源がありコツをつかめば覚えやすいことがわかりました。例えば、「橋」は
ゞ擦料阿芭昭蠅凌雄垢兄悗斑羯悗鯲て前に向ける。
⊆蠢阿飽く
です。なんとなく橋に見えてきませんか?

手話によるサポートを必要としている聴覚障害者は多くいます。個人的には学校で英語だけじゃなくて手話も勉強できればいいな、と思いました。せっかく同じ地域に住んでいるのだから耳の聞こえる人、聞こえない人との関わりをもっと大切にしたいですよね。

手話に興味のある方、福祉に関心のある方、ぜひ参加してみませんか?手話やボランティアの相談などの相談も受け付けているそうです。


きずなサロン「イロドリ」に参加してきました〜

きずなサロン「イロドリ」

こんにちは!インターンの林です。

先日、きずなサロン「イロドリ」に参加してきました。「きずなサロン」は地域の方々がふれあい、交流する場です。

今回参加した「イロドリ」は毎週第4土曜日10:00~12:00にゆうゆう阿佐谷で行われています。
今回は大人6名、子ども2名の参加があり、お茶を飲みながら会話を楽しみました。普段なかなか聞けない子育て中のお母さんの生の声が聞けて、非常に貴重な時間でした!
誰でも来られるように、子どもの遊び場、おむつ取り替えスペースがあり、車椅子やベビーカーでも利用しやすい設備が整っています。

イロドリを運営しているのは、「杉並区重度心身障害児親子の会」の代表・川田さんです。このサロンを立ち上げたきっかけは、障害のある子どもだけでなくいろいろな人の地域での拠り所、交流の場を作りたかったからだそうです。

あったかい雰囲気のサロンです。皆さんのご参加をお待ちしています、気軽にお越しください!


エベレスト・インターナショナル・スクール、ジャパンに参加

写真:エベレストインターナショナルの職員&教材

こんにちは!インターンの林です。

先日、杉並区にあるネパールの教育機関「エベレスト・インターナショナル・スクール、ジャパン」にお邪魔してきました!

エベレスト・インターナショナル・スクールには保育園と小学校があり、ネパールの子どもが通っています。年々増加する在日ネパール人のために2013年に設立され、現在は荻窪と阿佐谷に校舎があります。ネパールの教育省から認められた学校であり、授業もネパールの教育カリキュラムに則って行われています。民族舞踊も体育の授業で取り入れているそうです。日本人や他の国籍の子どもも入学できます。
(実は杉並区は中国人の次にネパール人の数が多いのです。)

今回は授業を見学してきました!なんと、授業はみんな英語で行われています。私たちが教室に入ったら笑顔で迎えてくれて、英語や時々日本語で!挨拶してくれました。(日本語の授業もあるみたいです。)
今回はコンピュータ・サイエンスの授業を見学しましたがみんな英語が上手で、しかも3年生でパソコンの勉強をしているのに驚きました。

今後どんどん国際的になる杉並が楽しみですね。