すぎなみ地域コム

文字サイズ

トップページ>団体概要>杉並区におけるNPO支援の歩み

杉並区におけるNPO支援について

杉並区におけるこれまでのNPO支援の歩みは次のとおりです。

●平成14年4月
「杉並区NPO・ボランティア活動及び協働の推進に関する条例」を制定。

●平成14年6月
NPO法人が行う地域の公益的な活動を区民が寄附を通して支援する制度「杉並区NPO支援基金」を創設。

●平成14年10月
「杉並NPO・ボランティア活動推進センター」を設置。

●平成17年4月
地域活動への参加促進、地域活動情報の収集・発信が出来る参加型の地域活動応援サイトとして「すぎなみ地域活動応援サイト(通称:地域活動ネット)」の運用開始。

●平成18年4月

・「杉並NPO・ボランティア活動推進センター」を改組し、「すぎなみNPO支援センター」と「杉並ボランティアセンター」を設置。
・運営を「特定非営利活動法人 NPO支援機構すぎなみ」が受託。
・区民自らが地域社会に貢献する人材、協働の担い手として活躍していただくための仕組みとして「すぎなみ地域大学」を開校。

●平成22年4月
・運営をNPO法人CBすぎなみプラスが受託

●平成23年4月
地域活動応援サイトを簡便な操作でイベントや講座などインターネット上での情報発信ができるように「すぎなみ地域コム」として全面リニューアル。

●平成27年4月
「すぎなみNPO支援センター」を「すぎなみ協働プラザ」へと改称し、NPO・地域活動団体のより多様な連携を生み出す場所として、新たに運営をスタート。


すぎなみNPO支援センター開設の経緯

■平成11年7月〜12年3月
「杉並の地域活動をすすめる区民会議」の設置〜区民の自主的な地域活動を持続的かつ
 一層発展させるために必要な条件整備を区民自らが検討するため〜

構成員:ボランティア委員35名(公募)
成 果:報告書の作成。協働の原則「すぎなみシップ」を明確にした。
     NPO活動推進センター的な中間支援組織を創設する計画が
     関係者から明示される。

■平成12年9月〜13年11月
「杉並の地域活動をすすめる区民懇談会」の設置〜地域活動に対する支援施策の総合的、計画的な推進と協働を進めていくための指針として、地域活動計画の検討〜

構成員:区民会議からの継続参加者、VC運営委員、学識経験者
成 果: 「杉並区における地域活動を推進するための指針」をまとめる。
      (仮称)地域活動支援条例に盛り込むべき項目と内容について幅広い見地から検討し、
      「(仮称)地域活動支援条例制定」に向けての答申をまとめる。

■平成14年3月〜〜10月
「(仮称)杉並区NPO・ボランティア活動推進センター設立準備会」の設置〜NPO・
 ボランティア活動推進センターの運営主体と運営のあり方を検討する〜

構成員:区民懇談会からの継続参加者、VC運営委員、社協関係者、公募によるNPO、学識経験者
成 果:報告書の作成

「杉並NPO・ボランティア活動推進センターのこれからと整備に向けての提言」 NPO活動推進センターの具体的な運営方法及び組織のあり方、センターのレイアウトなど検討。

■平成16年6月
・運営委員を中心にセンターあり方検討会設立
・ NPO法人によるNPO支援センター運営も視野に入れNPOに対する専門サポート を行う中間支援センター具現化の検討に入る。

■平成16年9月
・区内NPO法人に対するヒヤリング実施、求められるセンター機能を調査。

■平成17年5月
・センターあり方検討会から木曜会へ引継ぎセンター運営を協働推進事業を柱としてNPO法人によるセンター運営を本格的に模索。

■平成18年4月
すぎなみNPO支援センタースタート