すぎなみ地域コム

文字サイズ

トップページ>団体概要>-協働事業・戦略的アートプロジェクト
-Strategic Art Project

協働事業は2016年度も継続事業となりました。

杉並区との協働事業 Art@heArt (杉並戦略的アートプロジェクト)は2016年度も継続していくことが決まりました。
2015年度の定例ファンミーティングでも次年度以降のご案内を予定しています。
事前申込み不要、アートに関心をお持ちの方でしたらどなたでもご参加いただけます。

●今後のファンミーティング予定

2月24日(水)19:00 阿佐谷地域区民センター
3月23日(水)19:00 阿佐谷地域区民センター
4月20日(水)19:00 杉並区役所分庁舎



杉並区には美術館などアートを象徴する施設がありませんが、区役所本庁舎の区民ギャラリーには、区民のアートを発表する場をもうけています。広々として人気のスペースですが、「アート発表の場」はまだまだ不足しているのが実情です。
そのため、杉並区文化・交流課とNPO法人TFFは、区内にあらたな視点で発表の場を発掘し区民のアート活動を推進するため協働事業・戦略的アートプロジェクトを2015年4月から始動しました。

地方自治体の強み、地域で活動するNPO法人の強みを最大限活かしてスピーディにアクションできるよう(しなくてはいけなくなるよう)「戦略的アートプロジェクト」とやや気負ったプロジェクト名称としました。


まちなかギャラリー

杉並区内のアート発表の場として区民に貸出しいただくスペースを<まちなかギャラリー>として情報公開していきます。
生業ギャラリーのみならず、カフェなどの飲食店、企業の廊下、期限付き空き店舗活用、民家の塀など意外な場所を発掘し道行く人にアートを楽しんでもらえれば幸いです。

<登録要件>
・ギャラリースペースとして利用者に貸し出せること。
 無料、有料は問いません。
・貸出の際の条件を予め設定していること。
・利用希望者からの問い合わせ、貸出手続きを直接対応いただけること。

登録ギャラリーは駅または路線ごとにナンバリングし、印刷物などで利用促進のために印刷物、専用ウェブサイトなどで紹介していきます。

※なおまちなかギャラリーの登録は事務局はおこないますが貸出に関して事務局が仲介等間にはいり管理することがありません。



シンボルマークの公募事業

対外的PR活動のために事業全体を表現する愛称とシンボルアイコンをセットで公募しました。
画像のような暖かい印象のデザインに決定いたしました。
なお本審査には日本デザイン振興協会の矢島進二様にアドバイザーとして監修いただきました。


すぎなみアートさんぽ

登録されたギャラリーや、秋に開催されるアートイベントを歩きながら楽しんでいただくために「すぎなみアートさんぽ」を開催します。
また要所にはスタンプを設置しておよそ1ヶ月の間に、10カ所のスタンプを集めて豪華プレゼント懸賞に参加できるようなアートウォークを予定しています。


杉並アートマップ

すぎなみアートさんぽ を楽しんでいただくための冊子を作成しました。
JR中央線4駅を中心にまちなかギャラリーや近隣のスポット、ランドマーク、期間中のアートイベントなどを紹介しています。
巻末にスタンプラリー用紙があります。

※画像クリックで各駅のマップ本文を表示します。


すぎなみアート福袋

すぎなみアートさんぽのスタンプラリー応募者向けにアート福袋を用意しました。
登録アーティストから提供いただいた貴重な作品を盛り合わせした豪華なものです。限定10組に発送いたします。
アートグッズ提供アーティストのみなさまありがとうございました。