すぎなみ地域コム

文字サイズ

トップページ>レポート>講座・ワークショップ実施レポート Lectures and workshops conducted report

子ども向けアートワークショップ

近隣の商店街主催のこども向けワークショップを担当しました。
この地域には、都会には珍しく大正から続く釣ぼり・寿々木園があります。この金魚釣ぼりにちなんで夏には、金魚のランタンを釣ぼりに浮かべて涼を楽しむイベントを2014年から開催しています。
今年は、そのランタンを近隣にお住まいの方々につくってもらおうと、釣ぼりランタンを手がける木工のプロから金魚提灯を伝授いただきました。
下は4歳からその保護者まで幅広い方々が真剣に、そして楽しく制作しました。


区民ライター講座は無事終了しました。

平成27年度は例年とちがい、大型コンテンツにじっくり取り組んでもらうため、難易度としてはかなりハイレベルなチーム制の実習をおこなってきました。
多くの先輩ライターのフォローのもと、苦戦しながらも全チームがコンテンツ制作を(ほぼ)完成して修了することができました。
今後の活動に期待しています。

<追記>
すでに多くのみなさんに活動いただき、ライターによっては外国語の記事作成にも積極的に関わっていただいています。 2016.11


超満員御礼「すぎなみ津々浦々」講演+ワールドカフェ

杉並区の地域活性を観光的視点で捉えるプロジェクトでは、広くみなさまに情報共有いただくためにゲスト講師による路地裏的観光をテーマに基調講演+ワールドカフェを開催しました。
講師・尾関憲一さんは、NHKの人気番組「ぶらタモリ」の初期プロデューサー。楽しい講演と、みなさまのご意見大変貴重な催事でした。


既存アプリでデジタルまち歩き勉強会

「Ingress」やARなどGPSを活用した様々な取組がたくさんあります。今回はIngressの上級エージェントを招き実際に街歩きを体験いただくもの。
夢中になりすぎての事故もおきず無事に終了しました。参加者はほぼプロの業界の方。黒っぽい集団移動でした。 AR、beacon、ingressと各種の仕組みを実際に遊んで、色々な改善点や新たな発想が広がりました。


杉並区民ライター講座を終了しました

平成26年度のすぎなみ地域大学主催「区民ライター講座」を8月から全7回の講座は無事終了しました。
すでに修了されたライターからの企画もたくさん提案され今後の活躍が楽しみです。


高円寺でアートワークショップ

平成24年7月の夏休みの午後を利用して高円寺駅周辺の大人から子どもまで気軽にアートに触れて頂くワークショップを高円寺まちの駅コミュニティスペースで実施しました。
好きな絵をカンバッチにできる、というわかりやすい目的のワークショップ。子ども達はめいめいに自分で絵を描き、色を塗って絵を完成させるとバッチマシンに行列。大人には想像しにく絵柄、目をひく新発想があって楽しいバッチがたくさん完成しました。
一人あたり30〜50分でできる手軽なワークショップ。
どこへでも出張します!


地域情報講座3回シリーズ

平成24年6月から7月にかけて3回シリーズで実施した<地域情報発信講座>。
写真、ウェブ、印刷物と3種の講座を1回ずつワークショップ型でコンパクトに短時間でマスターしてもらうことが目的ですが時間のなさは否めません。それでも、各回ともに楽しんでもらいながら、自ら動くタイプの講座を心がけたせいか、作品にも参加者のパワーが感じられました。
またこの講座ではつい若手に押しつけられてしまう情報発信スタッフの負荷軽減方法を知ってもらうのも目的。デジタルだけでなくアナログを併用することで、みなさん子ども時代にかえったかのように、切ったり貼ったり、、楽しんでレイアウト作業をしていました。これらをばっちりデジタルカメラで最終調整すればそのままチラシにもポスターにもなりそうです。


遺影撮影会実施

写真: 遺影撮影の様子

真夏も真夏。平成24年7月15日に遺影兼ポートレート撮影会を実施しました。本格メイクスタッフにお手入れをしてもらうだけでも貴重な体験ですが、さらにプロフェッショナルなカメラマンによる撮影。緊張したり、ストロボに思わず目を閉じてしまったり、なれないながらも、みなさんとてもいい写真が撮れました。
そもそも遺影といわず、自らお気に入りのポートレートを持つことが目的。40過ぎた方には定期的に撮影して記録として、また最近のSNSなどにも活用して欲しい。
自らの経験で葬儀で一番大変だった遺影選びの時間を、短くできれば万事余裕をもって望める。何よりもしもの時に、不本意な写真を飾られることのないように備えて頂きたいものです。