すぎなみ地域コム

文字サイズ

トップページ>団体概要>Staff スタッフ紹介

  

手塚佳代子(理事(長))
杉並区出身。10代前半にはクリエイターを目指し工芸高校卒業後海外放浪(旅行雑誌・商社マーケティング等)、エンターテインメイト企業勤務をへて25才で制作会社設立に加わる。ディレクターとしてビデオ、教材、玩具、TVゲーム等の企画・デザイン、国内外の展示会、イベントなど多数担当。出産後はデザイン事務所と並行し当NPO法人設立。おもにプロマネ業務中心だがデザイン、コピー、撮影、また趣味で映像編集を行うことも。
自らの地下鉄サリン事件、著作権侵害、計画倒産等の度重なる被害経験からクライシス・インシデント研究、また過去のイベントに関するノウハウを地域活性につなげるための試行錯誤をくり返しつつや、先行事例都市に出向き現地調査続行中。

杉並区学校教育コーディネーター、すぎなみ大人塾学習支援サポート、杉並区基本構想審議会委員等経たのち杉並区立郷土博物館運営協議会委員等杉並区関連公職担当。 
趣味は人物観察・外食味コピー・一人ドライブ、マティス好き。「正しくてラク」が活動信条。
【担当講座】地域情報発信・広報、デザイン、ファシリテータ養成、各種ウェブコンサルティング等


原俊明 (理事)
東京都出身。テレビ番組(世界まるごとHOWマッチ、そこが知りたい、ライブトマト)などをレギュラーで編集したのち制作に移りディレクターとして音楽番組(別冊ミュートマジャパン)プロモーションビデオ(ジギー、世良正則、浜田麻里、少年ナイフ、コブラ、反町隆史)リットーミュージックの教則ビデオでは、つのだひろ、関口和之、宮之上貴昭など30タイトル以上を制作。現在放送中の番組(「水上治の健康増進バイブル」は水曜 朝10時〜テレビ神奈川で放送)のプロデューサーを務める。


Greg Mudarri (グレッグ・ムダリ)
アメリカ ボストン生まれ。ボストン大学卒業(グラフィックデザイン専攻)。2004年から1年あまり日本に滞在(主に英語教師として)。子供の頃から日本文化に興味を持ち、特に趣味としている折り紙はプロ並み、空手は初段、日本語能力試験も二級だが、さらに日本語の理解を深めるために2010の5月に再来日。図工や折り紙などと英語を交えたアートと英語の融合活動を展開。「中央線あるあるプロジェクト」では外国人ライターのマネジメントを担当。
Greg has been in Japan a total of two years, a period that is a long time away from home but not enough to fully grasp Japanese culture and language. As he continues to study while prolonging his stay in Japan, he hopes to lend his abilities to making and teaching art in Suginami, as well as other classes and activities.


宮之上 貴昭 (みやのうえ よしあき)
東京都世田谷区出身。
米軍横田基地の中の「N・C・O」クラブで、Joe Davis(org)、Jelly Eddie(ds)のトリオ「New Groove」で3年間演奏する。その後、1977年に渡米。
帰国後、Bill Evans(p)トリオで来日中だったPhilly Joe Jones(ds)をゲストに、『Song For Wes』(キングレコード)をリリースし、メジャーデビューを果たす。
その後も数々のリーダー作を発表し、自己のグループを率いて都内を中心に全国各地での演奏活動、またテレビやラジオの出演をはじめ、海外のジャズ・フェスティバル出演やコンサートを行うなど、幅広い活動を続けている。
比類のないテクニック、歌心とその音楽性に全国の熱狂的な信奉者は多い。我が国を代表するギターリスト。
【代表作品】
『Touch Of Love』(バップレコード):ゲストにJimmy Smith(org)
『ウェス・モンゴメリーに捧ぐ』(キングレコード):「日本のジャズ100選」に選ばれたライブ録音。
『L.A.コネクション』(キングレコード):Andy Simpkins(b)プロデュースによる初の海外録音。
■宮之上貴昭公式ホームページ
http://www.miyanoue.net/