すぎなみ地域コム

文字サイズ

トップページ>講座・イベント>文学のサロン

返信投稿できる記事は、その記事タイトルがクリックできるようになっています。

  

杉並ゆかりの作家を読むサロン

内容

樋口一葉・太宰治・井伏鱒二・小沼丹・木山捷平など、これまで杉並にゆかりの深い作家の短編を中心に鑑賞しながら、楽しく語り合ってきました。現在は堀辰雄の『風立ちぬ』を鑑賞中。今後は有吉佐和子・梶井基次郎・横光利一・林芙美子などの作品を順次とり上げてゆくつもりです。

講師:関建一郎
杉並区在住。ダイヤモンド社で経済人物史分野を担当。1973年に独立し、出版プロデュ―サーとして今日に至る。日本近代文学史・経済人物史・企業史などに造詣が深い。 

※このサロンは杉並区長寿応援ポイント(いきがい活動)対象事業です。

会場地図はこちら(Googleマップ)

開催日2017年04月18日〜2018年03月20日 (開催日補足事項:毎月第3火曜日 午前10時〜12時)
申込方法
締切日等
随時受付
種別講座
会場ゆうゆう荻窪東館 室場:洋室2 (区内/荻窪4-23-12)
料金有料 600円
対象どなたでも(指定なし)
定員20
問合わせ先E-Mail: info@risa.or.jp TEL: 03-3398-8738 FAX: 03-3398-8738 

フランスの有名作品を原語で読むサロン

内容
画像:フランス名作サロン

サロンオープンは2010年10月、以来
“LePetit Prince”
“Le Petit Nicolas”
“Les Etrangers”
“Le Vol de Nuit”を読了。

現在、ノーベル賞作家パトリック・モディアノの“La Petite Bijou”(寂しい宝石)を読んでいます。パリを舞台とする哀愁に満ちたミステリーで、18歳の若い女性が主人公です。

サロンでは、単に原書を読むというだけではなく、参加者が自由にプレゼンするコーナーを設け、フランスやフランス語に対する思いを語ってもらっています。現在、参加者は50~80歳代の約20名、男女
ほぼ同数です。


講師:岸達也
商社マンとして在仏通算10年、モロッコ、コートジヴォアールでも勤務。
趣味は、読書、絵画/音楽(特にオペラ)鑑賞。

※このサロンは杉並区長寿応援ポイント(いきがい活動)対象事業です。

会場地図はこちら(Googleマップ)

開催日2017年04月08日〜2018年03月24日 (開催日補足事項:毎月第2・第4土曜日 午後2時〜4時)
申込方法
締切日等
随時受付
種別講座
会場ゆうゆう荻窪東館 室場:洋室1 (区内/荻窪4-23-12)
料金有料 600円
対象どなたでも(指定なし)
定員20
問合わせ先E-Mail: info@risa.or.jp TEL: 03-3398-8738 FAX: 03-3398-8738 

ドイツの名作ヘルマン・ヘッセの「車輪の下」を原語で読むサロン

内容
画像:ドイツ語

比較的平易なドイツの名作から、読解力が必要な中程度の名作までを、テープの朗読を聞き、各人が独文と邦語訳を読みあげ、さらにテープの朗読を聞くと言うやり方で、内容により毎回数ページを読了している。

当初は、『グリムの童話』、『若きウェルテルの悩み』を読了し、今はヘッセの名作『車輪の下』を読書中。毎回、ドイツの諸問題や参加者の参考に資し、興味を持つテーマについて説明する時間を設けている。

講師:三木達也
外交官として26年の海外勤務中、19年をドイツの各地大使館・総領事館で勤務し、ベルリンの壁崩壊前後の時期には、ミュンヘン及びベルリンに勤務した。

※このサロンは杉並区長寿応援ポイント(いきがい活動)対象事業です。


会場地図はこちら(Googleマップ)

開催日2017年04月01日〜2018年03月03日 (開催日補足事項:第1土曜日 午後1時30分〜3時30分)
申込方法
締切日等
随時受付
種別講座
会場ゆうゆう荻窪東館 室場:洋室2 (区内/荻窪4−23−12)
料金有料 600円
対象どなたでも(指定なし)
定員15名
問合わせ先E-Mail: info@risa.or.jp TEL: 03-3398-8738 FAX: 03-3398-8738