すぎなみ地域コム

文字サイズ

トップページ>寄附活用事業>28年度NPO活動資金助成事業

平成28年度の助成事業を紹介します。

今年度は、下記5団体の事業を支援します。

・オペラ普及団体ミャゴラトーリ
・ストレス対処法研究所
・図書館サービスフロンティア
・てんぐるま【協働事業】
 (協働先:有限会社たのし味、NPO法人ワーカーズコープ)
・むさしの児童文化協会【協働事業】
 (協働先:西荻を楽しむ会)


資料リンク: 事業内容、助成金額等に関する情報はこちらをご覧ください。。 (PDF書類, 109,516 byte)

オペラ普及団体ミャゴラトーリ

 普段なじみのないオペラを、気軽に楽しんでもらおうと、絵本で有名な「泣いた赤鬼」のオペラ公演を座・高円寺で行いました。
 公演には、区内から公募した子どもたち8名も出演。練習を積み重ね、本番での熱演が満員の会場を盛り上げてくれました。
 上演後には、「想像の遊び」と題し、主人公の気持ちや物語の続きを想像しながら作品に描かれるテーマについて考えるワークショップも行い、オペラの感想などを楽しげに話してくれる観客の姿が印象的でした。

 ※オペラ上演&ワークショップ 平成29年1月9日(月祝)実施
  子ども合唱練習 10月〜平成29年1月実施(計10回)


NPO法人てんぐるま

障害をもつ人と持たない人が、ともに暮らすインクルーシブ社会をめざして、さまざまな啓発活動に取り組んでいます。

輝撚茵屬澆鵑覆粒惺察彎絮撚颪肇侫ーラム
 問題を抱える児童を受け入れ、ともに成長しようとする小学校の取り組みを追ったドキュメンタリー映画。フォーラムでは障害当事者の視点からインクルーシブ教育の重要性について語ってもらいました。

※平成28年9月22日(木・祝)実施。


兇垢なみインクルセミナー
インクルーシブ教育を様々な角度から考える3回連続セミナーを開催します。(1回のみの参加も可能です)
12月18日(日)【終了しました】
 元小学校教諭に聞く「障害者権利条約とインクルーシブ教育」
∧神29年1月15日(日)【終了しました】
 障害をもつ子の父親に聞く「家庭と学校と地域」
J神29年3月12日(日)
 午後12時30分〜 映画「風は生きよという」上映会
 午後2時30分〜5時 障害当事者に聞く「地域生活と差別解消法」
 会場:浜田山会館 費用:1,500円(映画のみは1,000円)定員:60名
申込み・問合せはNPO法人てんぐるま(電話6868-4912)まで。
 
 


ストレス対処法研究所

子どもの不登校に悩む家族、保護者の方を支援します。不登校の当事者同様につらい思いを抱える家族に寄り添ってお話を伺い、心構えや子どもへの対応、進路などについて一緒に考えます。
教育経験豊富なカウンセラーが無料で電話相談を受けています。まずは気軽にお電話を。

【無料電話相談】
 土曜日 午後2時〜5時
 電話:03-5335-7743 ストレス対処法研究所

情報の詳細は下記ホームページをご参照ください
http://www.stress-inst.com


NPO法人図書館サービスフロンティア

アスリートにとって大切な食事と身体づくりについて学ぶ講座とワークショップを開催しました。筑波大学で体育系運動栄養学を教える麻美(おみ)准教授が、プロの食事メニューやコンディション調整と食事の関係など興味深い講義を展開。また、自分自身の1週間の食生活を栄養バランスの面から分析するワークショップでは、参加した小中学生や保護者たちが、楽しみながら熱心に取り組む様子が見られました。

※平成28年8月27日(土)・9月3日(土)実施


NPO法人むさしの児童文化協会

子どもたちに夏休みの楽しい思い出をつくってもらおうと、「おはなしの国で遊ぼう」をテーマにイベントを企画しました。昔語りに腹話術、茶道やケーキ作り体験など、日替わりで開催される楽しいプログラムに多くの子どもたちが参加しました。会場はJR西荻窪駅から5分ほどの信愛書店・スペースen=gawa(えんがわ)。これからも西荻地区で、児童文化を軸に地域コミュニティを育てる活動を続けて行きます。

※平成28年8月1日(月)〜6日(土)実施.