すぎなみ地域コム

文字サイズ

トップページ>寄附活用事業>25年度 NPO活動資金助成事業

25年度NPO活動資金助成事業一覧

区内では、子育て支援、高齢者や障害者への福祉サービス、環境保全、教育、まちづくり推進など、さまざまな地域貢献活動がNPOによって行われています。
これらの活動を多くの人の手で支えていくためにつくられたのが『杉並区NPO支援基金』です。この基金は、皆様からの寄附をもとに運営されています。
25年度に基金の助成を受けた事業の一覧です。

資料リンク: 平成25年度助成事業一覧 (PDF書類, 23,607 byte)

25年度 助成事業報告書

25年度に『杉並区NPO支援基金』から活動資金助成を受けた10事業の報告書を公開します。

ウイッシュ・プロジェクト

,劼こもり支援に効果的な知識を普及させるセミナーと相談会
働く人および市民活動を行う人が元気になるメンタルヘルスを知る


社会から孤立しがちな若者とその家族が自尊意識をもって生き生きと暮らせる社会づくりを目指し、講座や相談会を開催。さらに、身近になった心の問題「うつ」をテーマに、広く働く人を対象としたセミナーを実施しました。


資料リンク: ウイッシュ・プロジェクト事業報告書 (PDF書類, 383,843 byte)

久我山からー

高齢者在宅生活サポート事業

高齢者の日常生活に多いちょっとした困り事。「電球を替える」「重いものを動かす」など、介護保険の対象にならない簡単な作業のサポートを5分100円から請け負います。他にも通院や買い物の付添など、利用住み慣れた地域で、いつまでも生き生きと安心して暮らしていただくための有償支援をしています。


資料リンク: 久我山からー事業報告書 (PDF書類, 197,636 byte)

すぎなみムーサ

街角博物館活動
〜生活の場に博物館展示を〜


博物館に足を運ぶことがむずかしい方にも身近な場所で展示を見ていただけるよう、地域区民センターなどを会場に「街角博物館」を3回実施しました。展示内容をより深く理解してもらうため、専門家による講演も併せて開催。地域の歴史を知ることで、地域への興味、愛着を深めてもらえるよう活動を続けます。


資料リンク: すぎなみムーサ事業報告書 (PDF書類, 209,359 byte)

たすけあいワーカーズさざんか

知的障がいを知ってもらおう
〜「空想劇場、若竹ミュージカル物語」上映会


「空想劇場、若竹ミュージカル物語」は、東京学芸大学附属特別支援学校の卒業生たちが練習を重ねて、保護者、スタッフと共にミュージカルを上演するまでを記録したドキュメンタリー映画。上映後に監督のトークや出演者との交流会も開催し、参加者と知的障がい者が互いに理解を深めあう機会としました。


資料リンク: たすけあいワーカーズさざんか事業報告書 (PDF書類, 156,407 byte)

TenVまちづくりネットワーク機構

防災まちづくり市民会議
〜みんなの防災市民組織を考える〜


いざというとき「災害から命と財産を守る」ために重要なのが「お互い助け合い」の精神。今回は井草地域の町会・自治会を中心とした参加者による防災市民会議を開催し、「東日本大震災から学ぶ地域住民組織」のテーマで講演会を実施すると共に、参加者との意見交換を行いました。その内容を、今後の地域防災活動にフィードバックしていきます。


資料リンク: TenVまちづくりネットワーク機構事業報告書 (PDF書類, 183,589 byte)

まちの塾フリービー

中高生向け学習支援普及のための保護者教育事業

家庭環境や経済力の違いによる教育格差を是正するために無料の学習支援に取り組む中で、「大人が学ぶ機会」の重要性を認識。保護者をはじめとする大人向けの教育公開講座を開催しました。「地域の子どもたちの成長を、地域のチカラで支える」活動に取り組んでいきます。


資料リンク: まちの塾フリービー事業報告書 (PDF書類, 186,340 byte)

Life Bridge Japan

健康に障害を抱える区民の心のケアを支える傾聴ボランティア育成事業

高齢者向けの傾聴活動が注目される一方で、病気に悩む人や、その家族の心に寄り添うことのできる傾聴ボランティアは多くありません。複雑な心のケアに対応する高度な技術を持つ「傾聴ボランティア」の育成講座を開催しました。修了生は病院やコミュニティカフェで傾聴活動を実践してもらいます。多くの人を元気にし、地域の活性化につながればと期待しています。


資料リンク: ライフ ブリッジ ジャパン事業報告書 (PDF書類, 242,133 byte)

プロップK

福島の今!見て・聞いて・感じて・寄り添うボランティア1日体験ツアー

東日本大震災の被災地である福島へ2泊3日のツアーを実施。うち1日を仮設住宅での自主サロンを通じた市民同士の交流活動に充てました。参加者は5回にわたる事前学習会で、被災地の現状やボランティアの心構えを学びました。継続的支援と新たなボランティア人材の発掘・育成につながる有意義なツアーとなりました。
※杉並区・南相馬市両社会福祉協議会、杉並交通(株)との協働事業


資料リンク: プロップK事業報告書 (PDF書類, 306,423 byte)

Street Culture Rights

区立児童館における無料のブレイクダンス通年教室+交流練習会「RAW SKOOL THURSDAYS」

ストリートカルチャーを通じて多様な経験と交流の機会を青少年に提供する「RAW SKOOL」。当法人が運営する同プロジェクトの一環として、阿佐谷児童館で無料のブレイクダンス教室を月2回開催。国内外からのゲストを招いたワークショップで国際交流を体験する機会にもなりました。自己表現やチャレンジを通じて子どもたちに将来の夢や希望を見つけるきっかけをつかんでほしいと願います。


資料リンク: ストリート カルチャー ライツ事業報告書 (PDF書類, 307,043 byte)

傾聴サークル・こもれ陽

傾聴ボランティア講座とテキスト「傾聴心得帳」作成

身近な人には話せなくても、心にしまっておきたくないこと・・・誰もが抱えるそんな話に耳を傾け、話し手の気持ちに寄り添う「傾聴」は簡単なようで、実際にはかなりの心得を必要とします。その傾聴技術を身につけるための講座(全8回)を開催し、21名が受講しました。修了生には、傾聴ボランティア仲間として、ゆうゆう館などで共に活動してもらう予定です。
※すぎなみ地域大学講座修了生団体による地域活動チャレンジ事業


資料リンク: こもれ陽事業報告書 (PDF書類, 188,927 byte)