すぎなみ地域コム

文字サイズ

トップページ>お知らせ>これからのイベント

『杉並たてもの応援団が選ぶ まちかどの名建築』 発行記念イベント

ドーモ・アラベスカ

★★★★講演会と阿佐ヶ谷のまち歩き★★★★

このほど、杉並の歴史ある建物を紹介する冊子『杉並たてもの応援団が選ぶ まちかどの名建築』(B5版56ページ・オールカラー)を編集・発行いたしました。既にHP等で販売を始め、ご好評をいただいております。
そこで、冊子発行の記念としての以下の催しを行います。

特に、一般の方々に広く杉並の建物について知っていただこうと企画いたしました。
通常非公開であるドーモ・アラベスカでの講演会に、阿佐谷のまち歩きもプラスしております。

    皆様のご参加をお待ちしております!

日時:11月18日(土)
   14:00〜16:00阿佐ヶ谷まち歩き
   16:30〜18:30講演会

講演会場:ドーモ・アラベスカ(成田東4) 通常非公開の住宅です

参加費:500円

講師:杉並たてもの応援団メンバー

定員:まち歩き20名、講演会45名 申し込み先着順

申し込み: 10月3日より申し込み受付を開始いたします。
      詳細は「杉並たてもの応援団」のホームページにてご案内します。

主催:杉並たてもの応援団
http://suginamitatemono.sakura.ne.jp/
 

●ドーモ・アラベスカについて
昭和49(1974)年竣工の杉並区成田東にある住宅。ドーモ・アラベスカは、「アラビア風からくさの家」という意味で、外壁には葉っぱのレリーフが施されています。設計者は、象設計集団の富田玲子氏。現在は、弟の富田靱彦氏がオーナーとなり、通常は非公開ですが、季節のいい時期にイベントを開催しています。


【立教女学院 聖マーガレット礼拝堂見学会のお知らせ】

 <立教女学院 聖マーガレット礼拝堂見学とパイプオルガンの演奏を楽しむ会>

杉並たてもの応援団では、学校法人立教女学院のご協力のもと、
立教女学院 聖マーガレット礼拝堂の見学会を開催することになりました。

立教女学院 聖マーガレット礼拝堂は、昭和7(1932)年に竣工した鉄筋コンクリート造の礼拝堂です。設計者は聖路加病院などを手がけたJ・V・W・バガミーニ。平成17年に杉並区指定文化財に指定されています。

当日は、建物の解説と共に、礼拝堂オルガニストによるパイプオルガンの演奏もお楽しみいただけます。
皆様のご参加をお待ちしております!

*事前申し込みが必要となります。くわしくはこちらから
 http://suginamitatemono.sakura.ne.jp/rikkyo.pdf


 <立教女学院 聖マーガレット礼拝堂見学と
      パイプオルガンの演奏を楽しむ会>

場所:立教女学院聖マーガレット礼拝堂
   東京都杉並区久我山4-29-60(学院敷地内)
日時:2014年12月14日(日)13:30〜15:00
  (13:00より受付開始)
参加費:500円(資料代他)*当日受付にてお支払いください。
お申し込み方法:
参加される方の住所、氏名、連絡先電話番号を記入の上、
sugitate.event@gmail.comにメールにてお申し込みください。
(事務局宛にFAX申し込みも可能です。)
*定員40名 定員に達し次第締め切りとなります。


杉並たてもの応援団が選ぶ「街角の名建築」展

杉並区立郷土博物館分館(杉並区天沼)にて。
2014年1月25日〜5月25日まで。開催中です。

1999年より歴史的建造物の調査・保存などの活動をしている「杉並たてもの応援団」が、区内に今も残る街角の名建築と、今は無き街角の名建築を紹介します。


郷土資料館分館展示のお知らせ

分館ポスター作成中

来年2014年 1月25日(土)〜5月25日(日)にかけて、杉並区立郷土博物館分館一階展示室(荻窪・天沼弁天公園内)で、区民参加の展示を行うことになりました!

目下ポスターや資料を作成中・・・

こちらに随時展示内容をお知らせしていきます!