すぎなみ地域コム

文字サイズ

トップページ>お知らせ>活動報告「こども日本文化体験」

コメント投稿・閲覧は、それぞれの記事タイトルをクリックしてください

こども日本文化体験

すぎなみ詩歌館のお茶室で

今年度はすぎなみ詩歌館を中心に、月1回こども日本文化体験を行っています。詩歌館は様々な季節の花々が咲き、本格的な躙り口のあるお茶室のあるとても素敵な場所です。
 6/30にはお庭や建物を見学して、水琴窟の音を聴いたりした後、茶道体験をしました。おでんばさんもやんちゃ坊主も、みんなお茶室に神妙な顔で座っていました。
 7/7は七夕書道。墨をすって、先生のお手本をみながら練習した後、短冊に願いごとを書いて七夕飾りにつけました。みんなの願いがかないますように!
 8/8は坐禅体験。駒澤大学竹友寮の坐禅堂で坐禅をしました。SOHO和尚様のお話も素晴らしく、大人も大満足の体験でした。(小さい子はわからなかったかも、、、)

詳しい報告は、ZEROキッズブログやフェイスブックページをご覧ください。
ZEROキッズブログ
http://blog.goo.ne.jp/zerokids
ZEROキッズのFacebookページ
http://www.facebook.com/Zerokids1


十五夜とかぐや姫

十五夜の前日、秋の草花が咲くすぎなみ詩歌館で「十五夜とかぐや姫」と題して、竹取物語(かぐや姫)を古文と現代文で読んでみました。こどもたちには古文は難しいかな?と思いきや、先生が読んで解説してくださってから声に出して読むと自然と意味もわかってくる様子。日本語の音の響きの美しさも味わいました。
かぐや姫は絵本もいろいろ出ています。読み比べてみると、お話も少しずつ違うのがわかりました。
台風の前日の秋晴れの一日、ゆったりとした時間が流れたひとときでした。詩歌館の方からお庭の秋の花を教えていただくこともできました。萩、桔梗、ススキ、おみなえし、藤袴、、、。葛だけがこのお庭にないそうです。吾亦紅や彼岸花もみることができました。

9/29(土) すぎなみ詩歌館


こども日本文化体験〜茶花を活ける

お庭の花や野の花を持ち寄って(菊やりんどうはお花屋さんで買いましたが)、茶花を活ける体験をしました。道ばたのススキやねこじゃらしも、風情のある茶花になりました。
立派な花器がなくても、お花屋さんで買わなくても、自分の勉強机や、おうちの食卓にちょっとお花を飾ることができますね。暮らしを豊かに広げる体験でした。
お花を飾った後は、自分で抹茶をたてて飲みました。このシャカシャカ・・・がみんなやりたかったんです。
夕方、空には「筏雲」が浮かんでいました。
秋です。

10/13(土)すぎなみ詩歌館


茶道体験〜炉開き

炉開きってなあに? 
風炉の使用をやめて炉を使い始めること。炉を開き、初夏に摘んで寝かせていた新茶を初めて使う「口切」が行われるため「茶人の正月」と呼ばれます。陰暦亥(い)の月の初亥(い)の日(2005年は11月11日)に開くとされます。

詩歌館の方に秋のお庭も案内していただきました。植物のことにとても詳しくてやさしく教えてくださいました。

2012.11.3(土)
すぎなみ詩歌館


「枕草子」はいとをかし

朗読家の飯島晶子先生と枕草子をよみました。春夏秋冬の「をかし」を自分たちで考えたり、「うつくしきもの」を探したりして、古典の世界も楽しく生き生きとした今になりました。

2012.12.8(土)
柏の宮公園林丘亭

とても素敵な景色とお茶室でした!


新春百人一首源平かるた大会

2013春!百人一首かるた会をしました。4歳から大学生、大人まで参加して、百人一首のうたの美しい調べや叙情とみやびに触れる体験でした。

2013.1.6(日)セシオン杉並和室
講師:小林隆先生(伝承文化研究所)


和太鼓体験

夏休みの「こども日本文化体験」は和太鼓体験です。
指導は原美太鼓の皆さん。5歳から中学生までが参加して、元気に太鼓を打ちました。

2013.8.7(水)
なかのZERO本館地下 リハーサル室


坐禅体験

杉並区梅里にある清見寺で行いました。
坐禅のあと、お経もみんなで詠みました。
とても暑い日でしたが、お寺の本堂は風が吹き抜けて気持ちよく、蝉の声を聴きながら「何も考えない」で座る坐禅体験でした。

2013.8.8(木)
清見寺