すぎなみ地域コム

文字サイズ

トップページ>お知らせ>2017年度のイベント

「哲学カフェ」10月25日(水)19時からスタート!

今回のテーマ
『自由と平等ってなんなんだ?』
2017 年 10月25日(水)
夜19時〜21時
参加料/600円(1D付き)
会場 阿佐谷ワークショップ http://aws2154daiwa.jimdo.com/

●哲学カフェとは●哲学的会話をカフェで楽しむ会です。議論ではなく対話を目指します。阿佐ヶ谷ワークショップでは過去に1回「哲学カフェ」を開催しました。参加者からも好評で、ぜひまた開催してほしいとの声があり、毎月最終水曜日の夜にレギュラー開催することにしました。●会の運営を手伝ってくださるボランティアの方も募っています。

●今回のテーマ●自由と平等についてみんなで考えましょう。もちろん脱線はありです。ルールはひとつだけ、リーダーのジャッジ、進行に従ってください。フェアな対話ができるよう司会を努めます。(沖)

●司会/進行・沖文郎(おきふみお)
昭和21年阿佐ヶ谷生まれ71歳。現在荻窪在住。
阿佐ヶ谷ワークショップ理事。哲学対話大好き。

●お問い合わせ、予約はこちら↓
tetu.cafe@gmail.com(担当、沖)


サロンDEお芝居NO.2 詩劇「痴人と死と」

阿佐ヶ谷ワークショップ 
サロンdeお芝居 NO.2

詩劇「痴人と死と」
作:Hugo von Hofmannsthal(ホフマン スタアル) 、
訳:森鴎外、演出:島川聖一郎 
  
2017年10月28日(土)参加費 2,000円
 PM14:00〜 、 PM18:00〜
出演:高橋正彦、森秋子、久野壱弘、小春千乃、やなぎまい、河村まこ他。
   ヴァイオリン奏者:五十嵐歩美
お申し込み・お問い合わせは、
担当・たかはし080-9588-0228まで

阿佐ヶ谷ワークショップホームページ↓
http://aws2154daiwa.jimdo.com/


オスカーワイルドと朗読の世界

2017年11月18日(土)
午後14時半開始(14時開場)
料金1000円(懇親会費込)

「幸福の王子」や「サロメ」で知られる英国19世紀末社交界の寵児、芸術至上主義者、詩人・作家・批評家であるオスカーワイルドは朗読の名手でもあった。
 今回は日本ワイルド協会会員の磯田恵子が、ワイルドの生涯と人間模様を作品解説と共に朗読する。「ドリアン・グレイの肖像/序文」「スペイン王女の誕生日」「聖なる娼婦」「レディング監獄の歌」「獄中記」他。

阿佐ヶ谷ワークショップホームページ↓
http://aws2154daiwa.jimdo.com/


ひとり語り・植田研一「イノックアーデン」

植田研一チラシ

終了しました。
「イノックアーデン」
南海の孤島に取り残されたイノックアーデンの数奇な人生を、叙情溢れる言葉と、優しい音で奏でる悲しくも美しい感動の名作。植田研一の新境地。乞うご期待。
2017年10月15日(日)
午後15時開始(14時半開場)
料金1000円
http://aws2154daiwa.jimdo.com/
予約、お問い合わせは、 
080-6066-8591(うえだ)
Line ID ken-sun3


10月14日(土)「ミュージカルと歌舞伎の中のシェークスピア」

終了しました。
2017年11月18日(土)
午後14時半開始(14時開場)
料金1000円(懇親会費込)
阿佐ヶ谷ワークショップホームページ↓
http://aws2154daiwa.jimdo.com/
 英国でシェイクスピアの活躍した同時代に日本では、歌舞伎が創始されました。どちらも女優が存在せず、男性が女性の役を演じ、幽霊などの舞台に出現し、殺人、強姦などが舞台で繰り広げられます。18世紀には、英国でオペラではない、ミュージカルが誕生し、20世紀には、アメリカのブロードウエイでシェイクスピア劇がミュージカル化されています。こうしたミュージカルや歌舞伎の中のシェイクスピア劇を映像をみながら、比較し、楽しくバロック的な演劇を紹介していきたいと思います。(講師、平辰彦)
お申し込み・お問い合わせは、担当・おき090-3099-9912