すぎなみ地域コム

文字サイズ

トップページ>お知らせ>活動報告

名称変更のお知らせ

当会では2017年12月より杉並区回想法研究会から回想療法センター杉並へと名称を変更させていただきます。
引き続きご支援・ご協力のほどよろしくお願い致します。

会長 小林善和


回想法フォローアップ講座(技術向上)のお知らせ

≪回想法フォローアップ講座(技術向上)≫

【日時】
H28年11月20日(日) 第1日目 回想法技術向上訓練

H28年12月4日(日)  第2日目 新技術各回「4人式回想法」
       

【内容】
回想法技術を向上させる習熟訓練及び、個別式回想法とグル―プ式回想法を融合させた4人式回想法の技術を習得する

【講師】
日本回想療法学会会長 小林幹児氏

【参加費】
各回 1,000円

【対象者】
レミニシャン資格者や回想法を学んでいる人また実践している人

【定員】
20名

【申込み方法】
メール(ohmiyadsc@mx4.ttcn.ne.jp)またはFAX(03-5377-7026)

【問い合わせ先】
03-5377-7025 大宮ふれあいの家 小林

※この事業は杉並区社会福祉協議会の【平成28年度 地域福祉活動助成金】を受け、実施しております。


認知症予防としての回想法講座(ゆうゆう永福館)

【認知症予防としての回想法講座】
主催 ゆうゆう永福館 共催 ケア24永福

日時 平成28年8月26日(金)10:00〜11:30
対象者 区内在住・在勤・在学の方
講師 大宮ふれあいの家 施設長 小林 善和

・申し込み 電話で、ゆうゆう永福館(電話03-3321-6632)へお申し込みください。(第3日曜日は休館です)
・すでに定員に達している場合もございますので、あらかじめご了承ください。


地域ケア会議で回想法の実践報告!

8月3日(水)
永福和泉地域区民センターにて開催された方南和泉地区杉並区在宅医療地域ケア会議にて「認知症の方を地域で支援するために〜回想法を使ったデイサービスでの取り組みについて〜」をテーマに、大宮ふれあいの家での回想法の取り組みとして、事例を通して「記憶」と「ADL」の関係性や回想法の実際について発表させて頂きました。


今年度も回想法講座を開催いたします。

認知症予防として効果のある回想法の技術を学ぶ。

H28月6月26日(日)・7月3日(日)
時間  両日 10:00 〜 16:00
会場  大宮ふれあいの家 機能訓練室
 (杉並区堀ノ内1-16-38 大宮中学校敷地内)
講師  日本回想療法学会会長 小林幹児氏 
定員  20名
参加費 各回 1,000円
申込  Fax(03-5377-7026)かメール(ohmiyadsc@mx4.ttcn.ne.jp
締切  6月24日(金)※定員に達した場合には早期に受付終了となる場合がございます。

2日間の講座修了者はレミニシャン(回想法実施者)資格を取得できます。
※H27年度に1日参加された方はどちらか1日の参加でレミニシャン資格を取得できます。

ステップアップ講座として、10月2日(日)にはアロマを使用しながら実施する回想法、
11月27日(日)・12月4日(日)には回想法的コミュニケーション技術の実技・フォローアップ講座を予定しております。

この事業は杉並区社会福祉協議会の【平成28年度 地域福祉活動助成金】を受けております。
問い合わせ先
高齢者在宅サービスセンター
大宮ふれあいの家 03-5377-7025
担当者 小林善和


平成27年度杉並区NPO活支援基金の事業報告です。

【事業名】
「認知症予防に役立つ回想法(心理療法)の習得実践」
【助成団体】「ともしび会」
【協働団体】
 生きがいの会 ひまわりの会 新しいホームつくる会 (いずれもNPO法人)

【事業内容】
 この事業では心理療法の一つである回想法講座の受講を通して、回想法の技術の習得とレミニシャン(回想法実施者)資格をできる。
 受講者自身の技術向上だけではなく、受講者が地域に戻り回想法を実施することにより、回想法を受けた方には認知症予防効果がある。また受講者同士による新たなネットワークの構築を目指していく。

【事業目的】
 従来から社会福祉に関する地域活動を実践してきたNPOが協働し、ボランティアや地域の方々を対象として、認知症予防に効果の高い回想法講座の開催により、回想法の周知・普及とさまざまな立場の人たちによるつながり作りと新たなネットワークの構築を目的とする。

【事業内容】
 認知症予防としての回想法講座(レミニシャン基礎研修)2回
 回想法技術講座(パーミング研修)1回
 回想法フォローアップ講座 9回
 全12回開催 述べ参加人数 188名

【今後の課題と活動について】
 日曜日の日中に開催したレミニシャン基礎講座とパーミング研修についてはそれぞれ技術や資格の習得をするといった内容が分かりやすく、参加者が多く募ることができた。回想法フォローアップ講座に関しては平日18:00からの開催ということもあり、時間の折り合いが付かず、基礎講座、パーミング講座の受講修了者の継続的な参加を募ることが難しかった。
 今後の課題としては、対象者のニーズや活動時間帯などの事前調査を行い、より参加者を募ることができるような工夫をしていく必要があると考える。今事業の経験を活かし、来年度も継続的な回想法講座を開催していくことで、杉並区の介護予防や認知症予防対策の一助となることを目指していきたい。


サンフレンズボランティア講座 Vol.2

2016年2月19日(金)にサンフレンズ上井草にて開催されるボランティア講座「傾聴活動と回想法〜会話で楽しむ傾聴〜」の講師を小林善和理事が務めることとなりました。

講座ご希望の方はサンフレンズ上井草(03-3394-9833)へお申込みください。


平成27年度杉並区NPO支援基金の助成を受け、回想法講座を実施しています。

事業名 「認知症予防に役立つ回想法(心理療法)の習得実践」
助成団体「ともしび会」
協働団体「新しいホームつくる会 生きがいの会 ひまわりの会
(いずれもNPO法人)

「認知症予防としての回想法講座基礎編・応用編」「パーミング講座」は終了いたしましたが毎月1回第3木曜日に「回想法講座」を実施しております。
回想法講座に出席されていない方でも参加可能です。
お問い合わせは(03-5377-7025 大宮ふれあいの家 施設長 小林)までご連絡下さい。

テーマ「回想法技術向上研修」
日時 毎月第三木曜日 18:00〜20:00
講師 日本回想療法学会 会長 小林幹児氏


すぎチャリ!2015に参加しました。

2015年11月29日(日)
杉並区NPO支援基金の助成団体として、すぎチャリ!2015(すぎなみチャリティー・フェスタ)に出展しました。
当日は参加者の方々に「回想かるた」などを使ったり、子どもの頃のおしゃべりを通して回想法を体験して頂きました。


和泉ふれあいの家 家族介護教室にて小林施設長が講師を務めます。

和泉ふれあいの家 平成27年度 第3回家族介護者教室のご案内
日時 平成27年11月13日(金)13時〜14時30分
タイトル「忘れるってどういうこと?◆彷知症介護のコツとヒントをお話します
講師 大宮ふれあいの家 施設長 小林 善和
場所 和泉ふれあいの家2階(和泉4−40−31)
定員 20名
申込 電話にて和泉ふれあいの家まで
   (03−3321−4808)



平成27年度杉並区NPO支援基金の助成を受け、回想法講座を実施します。

平成27年度杉並区NPO支援基金の助成を受け、7月より回想法講座を実施します。


町田ボランティアセンターで傾聴ボランティア交換会講師

2015年2月25日
町田ボランティアセンター主催の傾聴ボランティア情報交換会のスーパーバイズと傾聴・回想法についての講義をさせて頂きました。
傾聴活動をされている傾聴ボランティア活動者や活動未経験の方々の想いや素晴らしい活動を伺うことができ、私自身、勉強させて頂く機会となりました。


平成25年度 日社済社会福祉助成にて回想法研修を行いました。

2013年4月〜2014年3月にかけて、日本社会福祉弘済会平成25年度社会福祉助成事業集合研修として、回想法研修を実施しました。
研修参加者に対しては、心療回想士(レミニシャン)の資格取得や月一回のフォローアップ研修を開催いたしました。
その中で施設利用者向けの回想法評価スケールであるR-ADLを在宅利用者向けのSKR-ADLを作成しました。
研修会参加者による回想法実施の効果としては、ご利用者の方に対して心療回想法による記憶回復訓練プログラムを通して、10〜15歳頃に習得した潜在的なADL記憶を蘇らせ、ADL機能の維持・低下予防させることができています。
記憶があいまいとなったご利用者の方に対しては、個別回想法を行うことにより、記憶の回復に伴い、表情が明るくなり口数が増え、ADL機能の安定や意欲が戻るなどの効果が感じられました。


NPO法人介護者サポートネットワークセンター・アラジンにて回想法講座をさせて頂きました。

2013年3月30日(土)
NPO法人介護者サポートネットワークセンター・アラジン主催のケアラーズカフェ&ダイニング アラジンにて開催された「回想法講座」にて講師をさせて頂きました。
出席者の皆様がとても素敵な方々で、楽しくおしゃべりをすることが出来ました。
今回、このようなご縁を頂き、理事長 牧野史子様、職員の皆様には感謝ばかりでございます。また今後とも宜しくお願い致します。


東京都補助金のひとつである「平成24年度地域密着複数事業所連携事業補助金」にて回想法研究会事業を実施しました。

2012年7月〜2013年3月にかけて、日本回想療法学会のご協力の元、回想法の定期的な技術交流と技術講習の開催を行いました。

内容としては、心療回想士(レミニシャン)の資格取得と習得した技術を用いて、デイサービスやグループホームなどの現場にて心療回想法を実践し、月1回の技術指導研修を受けることにより、質の高い認知症介護のサービス提供へとつなげることが出来ました。
その後も活動を継続し、より質の高い認知症予防・ケアの実践を行っています。


当センターの回想法の活動が専門誌に掲載しました。(2)

2ページ目です。


当センターの回想法の活動が専門誌に掲載しました。(1)

看護職のための専門情報誌ベストナース2012年8月号にて、日本回想療法学会長小林幹児先生が連載されている「回想法で楽しくやさしく」の第95回連載にて「比較的元気な高齢者のデイサービス<記憶を回復させて行動低下を予防>」として大宮ふれあいの家の記事が掲載されました。
是非ご覧下さい。