すぎなみ地域コム

文字サイズ

トップページ>お知らせ>はなはな

「夏休み水やりボランティアまだまだ募集」を配布しました。

資料リンク: 6月16日夏休み水やりボランティアまだまだ募集 (PDF書類, 146,525 byte)

「夏休み水やりボランティア募集!」を配布しました。

資料リンク: 6月9日 夏休み水やりボランティア募集 (PDF書類, 175,606 byte)

「はなはなボランティア追加募集!」を配布しました。

資料リンク: 5月19日 はなはなボランティア追加募集 (PDF書類, 209,451 byte)

花真っ盛りです。

 4月28日は開校記念日だったので、とても静かな校庭に鯉のぼりだけが元気に泳いでいました。校庭では今、いろいろな花が盛りを迎え、色とりどりに咲き誇っています。連休が明けたら、ぜひ校庭の花を見に来ていただきたいです。北門の花壇もとてもきれいに咲いています。

左上から下へ、花の紹介
カロライナジャスミン(東フェンス中ほど)
モッコウバラ(東フェンス郵便局そば)
ディモルホセカ(職員室前丸プランター)
マーガレット(東フェンス中ほど)
シラー(丸プランター、保健室前、1年教室前など)
エニシダ(郵便局そば)
オダマキ(東フェンス東門そば)
キンギョソウ・ビオラ(中央昇降口前)
コデマリ(東フェンス郵便局そば)
ダイアンサス(職員室前丸プランター)

2017.4.28


花いっぱいでお出迎え

 4月6日は入学式でした。新入生の皆さん、保護者の皆様ご入学おめでとうございます。
 一か月前に植えた桃の井園の花壇の様子を見てきました。花がこんもりと盛り上がり、株の隙間も埋まって、模様がきれいに浮き出ていました。暖かさとともに花の勢いが増してきて、他の場所の花々も生き生きとしていました。1年生の教室の前では新2年生が植えたチューリップが並んで咲いて、東門から入ってくる新入生を出迎えているようです。
 今年は満開の桜の下、美しい花壇とともに入学式を迎えることができて本当によかったです。今年度も、桃一小の花ボランティア活動「はなはな」をどうぞよろしくお願いいたします。

2017.4.7


花いっぱいになりました。

 今日は桃の井園の四角い花壇いっぱいに花を植えました。また東側フェンス沿いや郵便局そばの百葉箱前にもたくさん植えることができました。
 桃一小を巣立つ子ども達を送るため、そして新たに桃一小に入学する子ども達を迎えるための準備が整いました。これからどんどん暖かくなって花の勢いが増すと、もっともっときれいになっていきます。学校にいらした際には是非ご覧ください。
 ももいちレンジャーはなはなの今年度の活動は、これで終わりです。一年間、活動にご理解・ご協力ありがとうございました。また、来年度もよろしくお願いいたします。はなはな隊員は、少ないメンバーで頑張っています。活動にご興味を持たれた方は、どうぞお気軽にご参加ください。保護者の方は、新年度に募集のお手紙が出ますので、そちらでお申し込みください。地域の方は下記の方法(クリックしてください)でお申し込みください。
はなはなのお手伝い申込み方法

2017.3.3


春一番

 今日は春一番の吹き荒れる中での作業でした。あまりに土埃が舞うので、花がら摘みだけし、早めに作業を終えました。春はもうすぐそこです。ニコニコ園の梅がきれいに咲いていました。
左上:クリスマスローズ 校舎北東角フェンス
右上:手前がフサザキスイセン、奥がスノーフレーク 職員室前
下段:ウメ ニコニコ園

2017.2.17
   


冬から春へ

 今日は冬から春への季節の分かれ目である節分です。明日から暦の上では春ですが、まだまだ厳しい寒さが続いています。子ども達が「さむーい」と言いながら体育の授業をしている横で作業をしました。今日は菊の枯れた茎(写真:上段左)を刈り取りました。刈り取った根元には、新しい芽がたくさん出ていて(写真:上段右)、春に一斉に伸びるための準備がもう整っているようです。
 ところで、東側フェンス沿いには、枯葉を除くとよくムクロジの実(写真:下段)が落ちています。子供達は先生から教わっていると思いますが、乾いて飴色になった果皮を割ると中から硬くて黒い種子が出てきます。これは羽根突きに使われている黒い実です。そして、果皮を水につけてかき混ぜると泡立ちます。昔はこれを石鹸として使っていました。「シャボン」という言葉の語源となっているサポニンという泡立つ成分がたくさん含まれています。英語では「soap nut」というそうです。

2017.2.3


春まで待っていてね

 1月20日は雪のちらつくとても寒い日でしたが、年明け最初の作業を行いました。奥野本部長にチューリップの球根をたくさんいただいたので、植込みの手入れをした後に、枯れたものを取り除いて植えつけました。
 春になって、子供たちが新学年に進級する頃、たくさん咲いてくれると思います。楽しみに待っていてくださいね。

2017.1.20


冬の参観に備えて

 12月2日は年内最後の作業でした。12月に入り、冬らしく寒くなってきました。冬越えできない花を除き、春まで咲いてくれる花の手入れをしました。12月10日の土曜授業と1月18日からの書初め展で参観にいらっしゃる保護者の方に、少しでも花が咲いている花壇を見ていただけるよう整備しました。今年度は年明けにあと4回作業を行う予定です。
 写真は12月10日土曜授業中休みの風景です。風の冷たい一日でしたが、たくさんの子ども達が元気に外で遊んでいました。

2016.12.10


秋の花壇

 秋も終わりに近づき、陽射しが低くなってきました。黄昏色の陽射しに、枯れ葉の中咲いた白菊やポリゴナム(右)が映え、コスモスやストックも輝いて見えました。皆さんに花壇も見ていただけたら嬉しいです。

2016.11.18


秋日和

 さわやかな風と高く青い空。花壇にはススキとハギとコスモス。
 校庭では子ども達がマラソンの授業をしていました。私たちは作業の合間に銀杏拾いもしました。
 校庭の秋のひとときです。

2016.10.7


お彼岸恒例・・

 秋のお彼岸の時期になると記事にしたくなるのが、ヒガンバナです。家庭科室裏の北側角のところに移植してから今年で3年目になるかと思います。年々出てくる花が少しずつ増えている気がするのですが、どうでしょう?キンモクセイの香りとともに秋の訪れを知らせてくれるヒガンバナ。北側角のところが真っ赤になるのが目標です。

2016.9.16


校庭に子供達が帰ってきます。

 夏休み最後の週末、校庭の様子を見てきました。夏休み中、水やりボランティアの方々のご協力により、植物たちは元気に育ってくれました。
 9月末のモモリンピックに向けて、花壇の整備をしていきたいと思います。

左;職員室前の丸型プランター 赤や白の花はニチニチソウ、紫の穂状の花はブルーサルビア 
  秋まで長く楽しめる花です。
右;東側フェンス外 仙人草 年々広がり、この夏の時期に可愛らしい白い花をたくさん咲かせています。

2016.8.26


桃一の「夏の庭」

 もうじき夏休み。校庭の植物もギラギラとした陽射しのもと、暑さに耐えながら元気に咲いています。

上段左;ユウギリソウ(職員室前丸型プランター)
上段中;ネムノキ(にこにこ園)
上段右;アガパンサス(職員室前丸型プランター)
下段左;インパチェンス(桃の井園)
下段中;キキョウ(職員室前丸型プランター)
下段右;クリナム(にこにこ園)

2016.6.24


夏の花に植え替え

先月まできれいに咲いていた春の花もそろそろ終わりを迎え、夏の花への植え替えの時期となりました。学校からインパチェンス・ジニア・マリーゴールド・ニチニチソウのポット苗をたくさん買っていただいたので、それぞれの花壇が花でいっぱいになりました。インパチェンスは半日陰を好むので、桃の井園の角に新しくできた花壇に植えました。
これからどんどん葉が広がっていくにつれ、色とりどりの花がきれいに咲いていくのが楽しみです。桃一まつりの頃、ちょうど見ごろになっていると思います。

さて、夏休みまであと半月余りとなりました。今年も夏休み中の水やりボランティアを募集します。どうぞご協力よろしくお願いいたします。

2016.6.3


6/17「夏休み水やりボランティアまだまだ募集中!」を配布しました。

資料リンク:  (PDF書類, 141,939 byte)

6/10「夏休み水やりボランティア募集!」を配布しました。

資料リンク:  (PDF書類, 178,357 byte)

花の紹介 5/2

5月になり、東側フェンス沿いでは次々と花が見ごろを迎えています。外側からでも見られるので、お近くをお通りの際はご覧ください。

マーガレット;桃一では黄色とピンク色のものが咲いています。ピンク色のはフェンスの外にまではみだして、道行く人を楽しませています。
ハゴロモジャスミン;近頃では多くの家のフェンスに絡んでいるのが見られます。つぼみはピンクですが、咲くと白い花です。とてもよい香りがします。
八重咲きクレマチス;東門に近いところで咲いています。
モッコウバラ;郵便局に近いところで咲いています。こちらもこの時期、家の垣根一面に咲いているのがよく見られます。
コデマリ;小さな白い毬がいくつも連なって咲いているような花木です。フェンス沿いにたくさん植わっています。

ダイアンサス;こちらはフェンス沿いではありませんが、職員室前丸花壇で咲いています。ナデシコ科でカーネーションと同じ仲間です。

2016.5.2


「はなはな ボランティア追加募集!」を配布しました。

資料リンク:  (PDF書類, 390,090 byte)

花の紹介 4/23

オダマキ; 東門近くの木の下や北門花壇で見られます。葉についた水滴は、ころころと玉のように浮いて美しいです。キンポウゲ科。
エニシダ; 郵便局隣接の角のところにあります。マメ科の植物で、香りのよい花木です。
シラー; シラー ぺルヴィアナ(別名オオツルボ) 1年生教室前、保健室前、職員室前丸花壇で見られます。
シャガ; 給食室前の北側フェンスのところに咲いています。木の根元などの半日陰でもよく育ち、趣きのある花姿です。
ナガバオモダカ; 桃の井園丸池に咲いている水生植物です。
ディモルホセカ; 職員室前丸花壇で咲いています。黄色とオレンジがあります。
オステオスペルマム; 職員室前丸花壇と東側フェンス沿いで咲いています。ディモルホセカに似ていますが、植物学上では形態の違いにより、別属に分けられます。
ムルチコーレ; 中央昇降口前四角花壇で咲いています。白い花のノースポールと並び、春花壇でよく見られるアルジェリア原産の黄色の花です。
ストック; 中央昇降口前でムルチコーレと一緒に植えてあります。アブラナ科で花には芳香があります。

2016.4.23


新学期の花壇

今年もピカピカの1年生がたくさん入学しました。1年生を歓迎するように、教室の前にはチューリップがきれいに並んで咲いています。これは新2年生が、1年時のアサガオ観察のあとに植えたものです。(写真左上)
暖かさのおかげで、はなはな隊が昨年度末に植えた花もようやく咲きそろいました。(写真右上)
今年は桜が長く楽しめたので、1年生の教室からは小校庭に花びら散らしながらもまだ咲いている様子が見られます。(写真左下)
140周年事業でできた正門前の大きな花壇も、きれいな直線模様を浮かび上がらせ、見頃になっています。(写真右下)

これから各学年の保護者会があるので、学校にお越しの際には春の校庭の花々を是非ご覧になってください。また、はなはな活動にも参加ご協力よろしくお願いいたします。

2016.4.8


今年度最後の花植え

はなはなの活動は3月11日で今年度最後の活動となりました。卒業式、入学式を迎えるには花壇が少し寂しい感じでしたが、桃の井園入り口の花壇の植え替えで余った苗を学校から分けていただいたおかげで、色とりどりの花でいっぱいになりました。

桃の井園入口の大きな花壇は、今年度、140周年の記念事業として桃の井園の整備を行ったときに新しくできた花壇ですが、はなはなの活動範囲の中ではできない規模なので、学校で管理していただいています。こちらは先日、春の植え替えが行われ、春らしい賑やかな花壇になりました。
これからどんどん暖かくなり、株が大きくなっていったら、どの花壇もさらに美しくなることでしょう。

来年度も学校が花いっぱいになるよう、がんばっていきたいと思います。はなはなは他の事業に比べて隊員が少ないので、お花が好きな方・土いじりの好きな方、はなはな隊員として是非ご登録よろしくお願いいたします。

2016.3.18


春の訪れ

卒業・入学式に向けて準備中の花壇ですが、宿根の花が着々と春の便りを知らせてくれています。クリスマスローズは北東のフェンス角近くで咲いていますので、近くを通った際にはご覧いただけると思います。

2016.3.4


もうすぐ春だよ

桃一の校庭にも春の兆しがそこかしこに見えてきました。冬の間のはなはなの活動は、枯草や雑草取り・剪定などの作業と、春に向けて土壌改良を行っています。花壇はしばらく休止状態でさびしいところもありますが、もうしばらくお待ちください。春の卒業・入学式に向けて準備中です。

2016.2.19


桃の井園リニューアル

桃一小は今年度140周年を迎え、それを記念して桃の井園がきれいに整備されました。木の根元には色とりどりの花が植えられ、とてもにぎやかになりました。せっかくきれいにしていただいたので、維持できるよう手入れをしていきたいと思います。

2015.11.20


秋の校庭

11月になり、桃一小の花壇は少し落ち着いた雰囲気になりました。
定着した花々が新しく花を咲かせ、株もしっかりとしたように見えます。東側フェンス沿いも菊が咲き乱れ、ポリゴナム(左上)が地面を覆うように生えるグランドカバーとしての役割をしっかり果たして、ピンクの可愛らしい花が広がりを見せています。
また小校庭の芝の上には、赤や黄色に色づいたサクラ・ムクロジの葉が落ち、木の葉模様の美しい絨毯のようです。
11月は桃一劇場があります。観劇に訪れた保護者の皆様にも秋の校庭を楽しんでいただきたいです。

2015.11.20


2学期始動!

2学期が始まり、はなはなの活動も9月4日から始まりました。夏休み中は昨年同様水やりボランティアの皆様のおかげで、花たちも元気に夏を乗り切ることができました。東門の近くに新しく水栓を設置していただいたので、真夏の水やりも昨年よりいくらか楽になったかと思います。夏休み中は、花の様子をなかなか見ることができませんが、東側フェンスでは昨年よりもさらに盛大に「仙人草」が絡んで、可愛らしい白い花を咲かせていました。9月になってもまだ花は見られますので、近くをお通りの際には是非ご覧ください。
また9月18日の活動は、少し雨模様でしたが、モモリンピックに向け新しい花を植えました。観戦にいらした保護者の皆様に楽しんでいただけたらと思います。

2015.9.18


面白い植物

今、校庭ではとても興味深い植物が咲いています。
ひとつは職員室前の丸型プランターのところで咲いている、黄色い花の背の高い植物です。昨年いつのまにか生えていて、除草作業の度に「何だろう」という話になっていました。はなはなのメンバーも、この植物については誰もわからなかったのですが、あまりに立派な葉なので興味本位で放置しておいたら、5月半ばついに花が咲きました!調べたところ「ビロードモウズイカ」という花で、ヨーロッパ及び北アフリカとアジア原産の二年草の帰化植物だそうです。「二年草」とは発芽してから2年目に花が咲くということで、どうりで誰も花を見た記憶がなかったわけです。名のとおり、大きな葉はビロードのように白い細かい毛で覆われています。薬草として、皮膚や呼吸・喉などの治療に用いられているようです。
もうひとつの面白い花は、東側フェンス沿いカメ像近くのところで咲いている「ムシトリナデシコ」です。「ムシトリ」の名があるのは、花の下の茎の部分にペタペタとした粘着帯があり、小さな虫を捕らえることがあるためですが、食虫植物ではありません。ちょっと不本意な名前が付いていますが、ピンクの可愛らしい花を毎年咲かせて、どんどん増えるので、地域のはなはな隊員の方が家から持ってきてくださいました。これもヨーロッパ原産の帰化植物で、江戸時代に観賞用として持ち込まれ、今では道端や空き地などに良く見られます。

2015.5.29


5月の見ごろの花

薫風の候、花々を愛でるには良い季節となりました。
東側フェンス沿いでは紫の八重咲きクレマチスとマーガレットが見ごろです。クレマチスは昨年の春に植えて今年初めて咲きました。ちょっと前まで選挙ポスターの看板があり、道行く人からは人知れず咲いていましたが、今ではマーガレットとともに外からも楽しめるようになりました。マーガレットは年々株が大きくなり、フェンスの外までこんもりと咲き、はなはな活動が始まって以来、毎年楽しませてくれています。
道沿いで作業をしていると、時折「きれいですね」と外から声を掛けてくださる方がいます。そんな時にやりがいを感じて嬉しくなります。

2015.5.15


27年度はなはな始動

27年度はなはな活動が4月17日から始まりました。この日は1年生の保護者会でもはなはな活動について説明しました。
はなはなは、桃一が花いっぱいになるのが目標です。子供達はもちろんのこと、行事の際いらした保護者の方々、沿道を歩くご近所の方々に「桃一はいつも花がきれいだな」と思ってもらえるよう頑張っています。
今年度は第一・第三金曜の9時から約1時間程度の活動を予定しています。季節ごとの花の植え替え、花がら摘み、除草、花壇の整備が主な活動で、普段の水やりは子供達が委員会の仕事として行っていて、はなはなの活動には含まれていません。ご自分の予定に合わせて無理なく参加できますので、たくさんの方のご登録をお待ちしています。年度途中からのご登録も歓迎です。
また、今年度も夏休みの水やりボランティアを、はなはな隊員以外の保護者の方からも広く募集する予定です。昨年度は40名ほどの保護者の方々のご協力をいただきました。今年度もより多くの方々のご協力をよろしくお願いいたします。

写真は新学期直前の桃一の様子です。桜がとてもきれいでした。1年生の教室の前にはアサガオの後に植えたチューリップが可愛らしく並んで咲いていました。新1年生を歓迎しているようですね。

2015.4.20


冬の花壇

 1月16日に新年明けてからの初めての活動を行いました。書き初め展や学校公開に合わせて、花を少し植え足して、花がら取りや雑草取りをしました。中休み、多くの子供たちが元気に校庭で遊んでいました。寒い中、植物も頑張って可憐な花を咲かせているので、訪れる保護者の皆様の目にも留めてもらえたらうれしいです。
 さて、お気付きの方もいると思いますが、花ボランティア活動事業の愛称を「花レンジャー」改め「はなはな」としました。今後ともどうぞよろしくお願いします。

2015.1.16


秋の深まりとともに

左上:ウィンターコスモスです。職員室前の丸型プランターで見頃です。

右上:鉄棒横と桃の井のところにシラカシが植わっていますが、どんぐりをたくさん落としています。拾いきれないほどたくさんありますよ〜、みんな拾って拾って!!

左下:夏に紹介した東側フェンスにからんでいる仙人草に種が付きました。ひらひらとした綿毛を付けたユニークな形をしています。この綿毛から「仙人」の名が付いたのかもしれませんね。

右下:前回紹介したカメ像近くのジュズダマの実が熟しました。集めて手の中でゆすると、カチカチと心地よい音がします。子供達のよい遊び道具になりそうです。

2014.11.21


秋の植物

〈写真:左〉ちゃんと暦を知っているかのように、秋のお彼岸の頃に咲き始めるヒガンバナ。校舎の北側角の植え込みにも咲いていますよ。昨年、あまり目に付かないところに咲いていたものを移植したのがちらほらと咲き始めました。まだまだまばらですが、北側角がヒガンバナの名所になるようひそかに計画中です。

〈写真:右〉東側フェンス沿い、カメ像付近に植えてあるジュズダマに実が付いています。熟した実は黒く固く、昔は女の子の遊びとして、糸を通して数珠や首飾りを作ったり、お手玉の中に入れたりと、子供の草花遊びには欠かせないものでした。「今の子供たちにも教えてあげたい。」と、地域のボランティアの方がお宅に生えていたのを分けてくださいました。
 また、ハト麦はジュズダマの栽培種だそうです。

2014.9.19


夏休み中の水やりは・・・?

 夏休みがもうすぐ終わろうとしています。桃一小の2学期は8月27日から始まります。

さて、夏休み中の花壇の花達は元気だったでしょうか。もちろん!!

夏休み中は水やりボランティアの皆様のおかげで、花達も暑い夏を元気に乗り切ることができました。ホースが届かないところもあり、大変だったと思いますが、お手伝いに来てくれた子供達も井戸汲みを楽しんでくれていたようです。

ご主人も一緒にご協力いただいた方もあり、とても助かりました。ありがとうございました。

2014.8.23


夏の間に伸び伸び

 この夏、東側フェンスに旺盛に伸びている蔓ものの植物があります。原種のクレマチスで「仙人草」といいます。

春前に植え付けたものが5月ごろからどんどん蔓を伸ばしはじめ、あっという間にフェンスの上の方まで広がりました。

夏休みに入り、様子を見に行ったら、3センチほどの小さな白い花をたくさん咲かせていました。

花期は8〜9月ということなので2学期に入っても見られると思います。

2014.8.7


今年も「ねむの木」が美しく咲いています。

 昨年もこのお知らせに書きましたが、今年もにこにこ園のねむの木がふわふわとしたピンク色の花をたくさんつけています。学校に来ても、校舎の方から運動場越しに目を向けるか、にこにこ園の近くでは上を見上げるかしないと、なかなか気付かないものです。見れば優しい気持ちになるような花です。学校にお越しの際には、是非ご覧ください。

2014.6.20


みんなで春の花壇づくり

5月16日は天気が良く、毎年恒例の2年生の消防車の写生会が校庭で開かれる中、花ボランティアは校庭周辺の花壇を整備しました。

気温が上がり、延び放題、増え放題になっていた雑草を抜き、あたらしい苗を植えます。しばらく耕していなかった花壇は土を深くから掘り起こし、柔らかくしてから苗を植えました。

花ボランティアに参加してくださっている方々の半数は、桃一小の保護者ではなく、地域にお住まいの方々です。普段から自宅の庭の手入れをされていたり、公園に花を植えてくださっていたりと、植物を育てる経験が豊富な方もいらっしゃいます。逆に、マンション住まいで植物を育てる機会が少ない方は、経験者に耕し方や植え方を聞きながら、和気あいあいと活動しています。

やはり、色とりどりの花が学校に咲いているのは、気持ちがいいものですね。青空の下で一生懸命土仕事をすると、終わった後の達成感は何とも言えないです。

2014.5.19


新年度花レンジャー活動スタート!

 新学期が始まりました。この春もたくさんの子供達が新1年生として桃一小の仲間になりました。

 暖かくなり草花は次々と新芽を伸ばし、花の成長も著しいです。東側フェンスのところのビオラがこんもりとたくさん花をつけて花壇の縁を彩っています。

 花レンジャーの活動は、随時花を楽しめる花壇を目指して本年度も地道に活動してまいります。保護者会・参観日などの折にはぜひ花壇の花にも目を向けていただけたらと思います。
 また、隊員はいつでも募集しておりますので、土いじりがお好きな方、ご興味がある方はぜひご参加ください。
<花レンジャー活動について>

2014.4.26


春の花壇

 3月7日に花レンジャーの今年度最後の活動を行いました。卒業式・入学式に向けて、東側フェンス沿いにお花をいっぱい植えました。他の花壇も、冬の間寒そうに地面に張り付いていた花が、暖かくなり、ようやくこんもりと盛り上がってきました。春になるにつれ、花達も勢いよく伸び始めています。子供達の新たな出発に花を添えることができそうです。

2014.3.21


春の息吹

「どこかで春が」
作詞:百田宗治 作曲:草川信

♪どこかで春が 生まれてる
 どこかで水が 流れ出す

 どこかで雲雀(ひばり)が 鳴いている
 どこかで芽の出る 音がする

 山の三月 東風(こち)吹いて
 どこかで春が 生まれてる♪

 この歌はかつて小学生だった花レンジャーが、音楽の授業で習った曲です。「どこかで春が生まれてる、どこかで芽の出る音がする」という表現がいいですね。
 先日の大雪の後で、雪かきをしてできた雪の山が、まだまだたくさん残っていますが、桃一小の校庭・桃の井園・ニコニコ園で春を見つけました。学校にお越しの際には探してみてください。

 今年度花レンジャーの活動は、3月7日が最後です。卒業式・入学式に向けてお花をたくさん植える予定です。記事を見て活動にご興味を持たれた方は、26年度「ももいちレンジャー募集」に是非ご登録ください。保護者の方には2月末に募集のお便りを配布する予定です。地域の方は、花レンジャーの活動についてに活動の詳細と申し込み方法が掲載されておりますので、ご連絡ください。

2014.2.21


観劇に添えて

 11月23日は桃一劇場の保護者鑑賞日でした。この日に合わせ花壇の花を植え替えました。まだ植え替えて間もないので、少し隙間が目立ちますが、年明けの書き初め展でも来校してくださる保護者の方々の目に触れることでしょう。春までにはもっと広がり、長く楽しませてくれると思います。

2013.11.23


小菊が咲いています。

 写真は東側のフェンスのところに咲いている菊です。農芸高校で育てたものを分けていただきました。黄色・白・紫・赤の4色あります。
 
 心あてに 折らばや折らむ 初霜の
          おきまどはせる 白菊の花

と百人一首に詠われるように、菊は古くから日本の人々に愛されている秋を象徴する花です。

2013.11.23


花壇も秋の装い

 写真は職員室前の丸花壇のジニアです。百日草ともいいます。春に種を播いて、夏から秋にかけて花を楽しみます。きっと開花期が長いので「百日」の名がついたのでしょうね。モモリンピック前に植えたのが枝が広がり、きれいに咲き揃っています。
 やっと暑さが落ち着いたので、秋の花を楽しむ季節になりました。東側フェンス沿いの花壇も少しずつ充実しています。お時間があるときに是非ご覧ください。

2013.10.18


モモリンピックに向けて

 9月28日はモモリンピック138です。それに備えて花をたくさん植えました。東側フェンス沿いも花壇を拡張しました。子供達の活躍を花で彩り、応援します。

2013.9.20


ヒガンバナが咲いています。

 校舎の北側のところどころでヒガンバナが咲いています。ちゃんとお彼岸の頃に咲くものですね、不思議です。桃一のヒガンバナはひっそりと咲いているので、もっとにぎやかに北側がヒガンバナの名所になるぐらいにしたいとひそかに計画中です。

2013.9.20


ヤブランが咲きました。

 鉄棒横の木の植え込みに花を植えたおかげで、子供達が立ち入らなくなり、ヤブランが生え始めたのは以前にお知らせしましたが、そのヤブランが花を咲かせました。植物の生命力は素晴らしいです。
 モモリンピックでは子供達の競技を観るのに夢中になってしまいがちですが、どうぞ時には植物たちを思い、花壇や植え込みへの立ち入り禁止のご協力よろしくお願いいたします。

2013.8.30


夏休み中も花は元気でした!

 8月28日より2学期が始まりました。夏休み中も、図書ボランティア・花レンジャーの方々による水やりのおかげで、花壇の花は元気に咲いていました。雑草も元気に伸び伸びと育っているので、9月の活動では草取り頑張ります!
 夏休み中、いっぱい遊んですっかり小麦色になった子供達が、元気に登校しています。9月末のモモリンピック(運動会)に向けて準備も始まっています。

2013.8.30


ヒマワリが咲いています。

 保健室前にチョコレート色の変わったヒマワリが咲いています。夏の花と言ったらやっぱりヒマワリですが、普通のヒマワリはとても大きくなって、都会の庭のないところでは栽培しにくいので、今の子供達はあまりヒマワリを観たり、種を採って楽しんだりすることも少なくなってきているのではないのでしょうか。近頃はいろいろな品種も出て、家庭でも比較的栽培しやすいものもあります。是非ご覧ください。

2013.7.27


アサガオの花が咲き始めました。

 皆さんも小学校1年生になって直ぐに、アサガオを植えて観察したことでしょう。私も人差指で穴を開け、素焼きの鉢に3個ほど種子を埋めた覚えがあります。大人になって記憶を頼りにアサガオを育てようと思ったとき、人差指でなんて、穴が深すぎなんじゃないの?と思いましたが、考えてみれば小学1年生の小さな指だったらちょうどよかったのでしょうね。
 桃一小でも、アサガオが咲き始めました。イマドキの観察用の鉢はアサガオ専用に支柱も付いていて、行灯仕立てにするのも簡単になっています。ペットボトルを逆さにして水を差す穴もあり、便利なものです。アサガオ観察後もチューリップなどの球根を植えて観察・学習したりします。たくさん採れた種子はメッセージカードを添えてお年寄りに配ったり、枯れたツルもリースにしたりと、他の学習に役立てます。

2013.6.28


ねむの花が咲いています。

 ニコニコ園に大きなねむの木があるのをご存知でしょうか。今、ピンク色のやさしい花を咲かせています。糸状に伸びた花弁に見えるものはおしべで、桃のような甘い香りを持っています。マメ科の植物で、鞘のある実をつけます。「ねむ」の名は、夜になると葉を閉じることに由来します。花言葉は「歓喜」だそうです。

2013.6.22


夏の花を植えました。

 朝礼台近くの四角花壇に夏の花を植えました。
サルビア、ブルーサルビア、ペチュニアです。
まだ隙間が目立ってさびしいですが、これからもっと繁って花壇いっぱいに花が広がると思います。

2013.6.7


花レンジャーの喜びです。

 最近、主事さんが外周りを掃除していた時のこと、「お花がきれいですね。」と道行く人が声をかけてくれたそうです。
 写真左は、東側カメ像のそばのフェンスのところで、今ピンクの花が盛んに咲いています。マーガレットペラルゴニュウムです。まだ3か所しか植わっていませんが、フェンス沿いを花でいっぱいにして、道行く人を楽しませるのが目標です。
 写真右は、以前にお伝えした鉄棒近くの植え込みです。花を植えたおかげで子供達が立ち入らなくなり、もともと植わっていたヤブランが芽吹いてきました。おや、こんなものが植わっていたのね!と驚いています。植物の生命力はすごいです。
 ヤブランは夏から秋にかけて、紫色の小さな花が穂状に咲きます。サマームスカリともいうそうです。もうすぐ開花期なので楽しみですね。

2013.5.24


職員室前の花

 花レンジャーが植えた花ではありませんが、職員室前には毎年こぼれ種子から出るのか、この時期に素敵なかわいい花が咲いているのをご存知でしょうか。ニゲラ(クロタネソウ)といいます。名前のとおり種子は真っ黒です。英名ではlove in a mist(霧の中 の恋人)とか、devil in a bush(茂みの中の悪魔)なんて名前が付いています。love〜のほうは、写真左側のように糸状に細かく裂けた葉の中に浮かぶ青や白、ピンクの花の様子をロマンチックに表現したものです。devil〜のほうは、写真右側の種子の入った果実の形を表現したものです。この果実はドライフラワーとしても使われます。

2013.5.17


花々の準備も整いました。

4月5日撮影
 今日は新入生を迎える準備のため、新6年生が登校しました。花壇の花も入学式に合わせ、きれいに咲き揃っています。ピカピカの1年生が元気にやってくるのを、花首を長くして待っています。
 なお、チューリップ・ムスカリ・ノースポールなどの球根と種は、東京都都市緑化基金「花と種子配布事業」で頂いたものです。


6年生が花を植えました。

卒業にあたり、6年生の美化環境委員の子供達がプランターに花を植えるのを、少しお手伝いしました。
アネモネ、サクラソウ、ビオラ、マーガレットを植えました。


鉄棒前の植え込みに花を植えました。

 鉄棒前の、枠で囲ってある木の植え込みに、花を植えました。今まであまり気にせずに、枠の中に乗っていませんでしたか?(筆者もモモリンピックの時に競技を見るのに必死で、あまり気にせず乗ってました@_@;)
 実は、根元の土が踏み固められ、木が弱ってしまうそうです。立ち入りを防ぐために、花を植えてみました。上手く根付いて、きれいな植え込み花壇になってくれると良いのですが、日当たりがあまり良くないので心配です。
 ビオラ、ノースポール、ムルチコーレ、ナスタチウム、ディモルフォセカを植えました。


日陰に咲く花々

 東側フェンス沿いの、校舎北側に半日陰を好む植物を植えてみました。歩道からも見える場所なので道行く人も楽しめると思います。目立たず可憐にたたずむ姿もよいものです。
 クリスマスローズ、オダマキ、プリムラシネンシスを植えました。


3/11 春の花を植えました。

 職員室前の丸花壇を整理して、ワスレナグサ、リナリア、ハナビシソウ、リビングストンデージーを植えました。以前に植えてあったものからたくさん種がこぼれて、フユシラズも盛んに咲いています。
 秋に植えた球根のうち、ムスカリが咲きました。チューリップもたくさん芽を出しているので、もうすぐ楽しませてくれると思います。


11/13 冬〜春の花に植え替えました。

朝礼台横の四角花壇にパンジー・ハボタンを植えました。
これから冬、そして春まで楽しめると思います。
ヒミツの球根もたくさん植え付けました。
春にはたくさんの花が咲く予定です!お楽しみに。


秋の花を植えました。

花壇を整理して、空いたところにアスター、シロタエギク、マリーゴールドを植えました。マリーゴールドはボランティアの寄付によるものです。


夏休み中も花は元気でした。

8月26日撮影。
明日から子どもたちが真っ黒になって戻ってきます。
花も元気に子どもたちとの再会を待ってます!


6月に植えた花が見頃です。

撮影日:7/14 桃一まつり


6/1 花を植え替えました。

夏の花、ポーチュラカ・ペチュニア・サルビアを植えました。
ペチュニアは農芸高校の苗です。


2月の終わりに植えた花が見頃です。

4月中ごろの撮影です。


支援本部の花壇ができました。

朝礼台横と東側道路沿いにビオラなどを植えました。